世界で一番最初に納車されたグリーンカーボンの「マクラーレン・セナ」。特殊なグリーンカーボンのオプション費用は車両価格の2分の1だった件

世界で一番最初に納車された「マクラーレン・セナ」。そのオプションは?

世界限定500台のみ販売されたマクラーレンのアルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」。
車両本体価格にして約1.2億円と非常に高額なモデルで、既に2倍以上のプレミア価値を持つ究極の一台となります。

この個体が、低反発マットレスの帝王で実業家としてもお馴染みのマイケル・フックス氏に世界で一番最初に納車されたわけですが、その納車されたグリーン・カーボンの「マクラーレン・セナ」のオプション費用が中々に強烈。

スポンサーリンク

工数等を見ていくと、このオプション費用は納得?

マクラーレンからの情報によると、「マクラーレン・セナ」のフルカーボンファイバーボディには、オーナーであるマイケル・フックス氏に因んで”フックス・グリーン”と呼ばれるカスタム・エメラルドグリーンにて塗装され、生産時間は67パーツ・約1,000時間の工数が掛けられています。その異常なる工数と莫大なるコストを掛けたグリーンカーボンの総額は、驚異の5,500万円とのことで、車両本体価格(約1.2億円)の半分程。

手間暇かけて…という次元の話ではなくなっている「マクラーレン・セナ」ですが、フックス・グリーンのカーボンファイバ素材は、インテリアシートフレーム、アクセント、ステアリングホイール等にもふんだんに使用されているため、ありとあらゆるところにグリーンカーボンが採用されていることが確認できますね。

なお「マクラーレン・セナ」のパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載するノンハイブリッドタイプで、最高出力800ps、最大トルク800Nmを発揮(内燃機関だけであれば、マクラーレンのラインナップ史上最強のパワーを発揮)。

トランスミッションは7速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションをリヤアスクルに介するため、駆動方式は後輪駆動(MR)。車体重量は驚異の1,198kgを実現しています。
そして、空力特性としては、250km/hの速度にて走行時に最大800kgのダウンフォースを発生することが可能となっており、0-100km/hの加速時間は2.8秒(実測としては2.2秒とも記録されている)、0-200km/hの加速時間は6.8秒、最高時速は340km/hにまで到達します。

余談ですが、「マクラーレン・セナ」のサイドウィンドウは、上の赤丸の通りほんの僅かしか開きません。
恐らく空力特性を考慮してのものと思いますが、パーキングエリアでのお金の出し入れは相当に大変そうですね。

【This is the ONLY McLaren Senna with this $500,000 OPTION】

☆★☆「マクラーレン・セナ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

中東オーナーに「マクラーレン・セナ」納車。これ以外にもシャシーNo.1の「アゲーラRS」等を所有する大富豪(2018/8/10投稿)
シャシーNo.001の「マクラーレン・セナ」が納車。現在5台のセナで1,400kmの旅に挑戦中(2018/7/28投稿)
全て手作業&完全オーダーメイドの極上品。縮小モデルの「マクラーレン・セナ」が約88万円にて販売中(2018/7/20投稿)
世界で一番最初に納車された「マクラーレン・セナ」が遂に公開。グリーンカーボンボディ、オーナーはマイケル・フックス氏【動画有】(2018/7/19投稿)
世界限定500台全て完売した「マクラーレン・セナ」が早くもオークションにて転売へ。予想落札額は新車価格の3倍以上(2018/6/26投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう