ダイハツ「ハイゼット」を過激カスタム。センターにはこれまでに無い8本だしマフラ【動画有】

大阪の舞洲スポーツアイランドにて開催されたカーイベントにて、過激カスタムされたダイハツの軽バンタイプ「ハイゼット」が登場。
西洋等が認知しているダイハツモデルといえば、「テリオス/アーバンクルーザー」といった日本では見られないモデルばかりですが、今回のカスタムモデルは、ボディはもちろんのこと、足元やリヤデザイン、システムといったありとあらゆるポイントを大胆にカスタムしていることがわかりますね。

スポンサーリンク

スタイリングは”軽バン”から”ピックアップトラック風”へ

外観としては、全長3,500mmのフットプリント、排気量0.66L 直列3気筒エンジンはそのままに、室内は元々4人乗りだったところを、フロント2シータ、リヤは軽トラックの積載スペースのような造りとなっています(どちらかというとピックアップ風)。

そして最も注目すべきところは、センター8本だしのクレイジーなカスタムエキゾーストで、クロームチップ仕上げでありながらも馬力は一切向上していない”ヴィジュアル重視”(6本だしは見たことがありますが、8本だしは初めて。噂では10本だしのカスタムマフラも存在するとか…)。
恐らくスーパースポーツにインストールされるような大口径マフラ化と思われますが、ここまで過激なものは初めてかも。

なお、それ以外のカスタムとしてはフロントアンダースポイラーやサイドスカート、リヤディフューザーといったボディキットはもちろんのこと、エアライドサスペンションシステムやLEDカスタムリヤテールライトは、ある意味日本のVIPカーの象徴的なもの。
軽自動車であっても、欧州車に負けないド派手スタイルは今もなお健在ですね。

【(HD)カスタム軽トラ・ダイハツ ハイゼットカスタム マフラー8本出し – SBM大阪2018】

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

マフラ6本出し?!モナコにて、FABデザインによってカスタムされた過激なメルセデスベンツ「SLRマクラーレン」が登場【動画有】(2018/5/2投稿)
これ意味あるの?アメリカにて、シボレー「コルベット」を6本出しマフラーにしてみた(2018/3/18投稿)
トランスフォームしそう。アルファロメオ「ジュリア・クアドリフォリオ」をワイドボディ&6本出しマフラ仕様にしたレンダリングが公開に(2017/2/10投稿)
まさにスネーク管。ヘビを模したリアルすぎるエキゾーストマフラが話題に(2018/4/18投稿)
環境法規制は完全無視の6輪SUVモデル「デヴェル・シックスティ」がドラッグレースに登場。エンジンはまさかのダーティー・ディーゼル【動画有】(2018/5/14投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう