インテリア専門のチューナが、ランボルギーニ「ウラカン」をカスタム。アルカンターラにハニカムステッチはマジ反則

インテリア専門チューナが外観もカスタム?

インテリアを専門とするNeidfaktorが、ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」を過激にカスタム。
インテリア専門のチューナーといえば、基本的にはシートやダッシュボード等をメインにカスタムし、外観については特に触れず…といったケースが多いですが、Neidfaktorはその両方をカスタムする万能チューナーといったところ。

スポンサーリンク

いきなりハイセンスなカスタム

まずは外観のカスタム内容をチェック。
グリーン系のヴェルデ・マンティスと呼ばれるボディカラーに身を纏いつつフロントボンネットには、レッドカラーのストレートにブラックのフレームラインが加えられたラッピング処理を行い、ボンネットにプレスラインとダクトを設けたかのような錯覚を引き起こすデザインが印象的。

フロントにはレッドのディテールアクセントが加えられたアンダースポイラーを含むエアロキットが装着されていますね。
丁度左後ろにホワイトカラーの純正「ウラカン」が鎮座しているので、比較しやすいかと思います。

サイドデザインは中々に個性的。
ポップアップ式ドアハンドルには、同色ではなくブラックアウトによるアクセントカラーでスパイスを加え、更にそのポップアップ式ドアハンドルの押し出しポイントにレッドポイントアクセントを加えることで利便性とデザイン性を向上。

サイドスカートには、予めスタイルパッケージによりブラックペイントされていて、その上からレッドのディテールアクセントを追加。

リヤデザインはコチラ。
こちらもレッドのディテールアクセントを加えながら、リヤウィングとリヤディフューザーを装着。

ホイールは、ランボルギーニ純正の20インチMimas鍛造ホイールにグロスブラックを塗装していますが、ここに更にパールグリーンのペイントを加えていますね。

インテリアも見てみよう

こちらはインテリアデザイン。
ブラックのアルカンターラをメインにレザーも採用したバイマテリアルスポーツシートにはグリーンカラーのハニカムステッチを縫合。これは何とも反則的なカッコよさですね。

ヘッドレストには、レッドのカラードステッチにて施されたファイティングブルの刺繍が施されていますね。シート周りにはカラードステッチのみ。

ダッシュボードやセンターコンソール周りもオリジナルカスタムが施され、特別な一台となっていますね。

☆★☆「ウラカン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

オーストリアにて、LBカスタムのランボルギーニ「ウラカン」が登場。オーナーはまさかの27歳セクシー女優【動画有】(2018/8/2投稿)
Priorデザインがランボルギーニ「ウラカン」をカスタム。過激オバフェン&リヤデザインは「チェンテナリオ」風(2018/7/22投稿)
Novitecがランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」を過激カスタム。初の外付けフォージド・コンポジットを採用(2018/6/29投稿)
1016インダストリーズがランボルギーニ「ウラカン」をカスタム。カーボン&パワーアップで”ペルフォルマンテ”風に(2018/3/16投稿)
強烈なボディ&ホイールカラーが魅力。Avantがランボルギーニ「ウラカン」をカスタム(2017/12/29投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう