限定20台中20台目のランボルギーニ「レヴェントン」がMecumオークションにて出品へ。低走行で億超えは当たり前?

超希少な「レヴェントン」がオークションに登場

8月25日より開催するモントレー・カーウィーク2018のMecumオークションにて、世界限定20台のみ販売されたランボルギーニ「レヴェントン」が出品されます。
今回オークションにて出品される「レヴェントン」は、1943年に闘牛士であるフェリックス・グズマンを殺害したファイティング・ブルの名前が由来で、Centro Stile Lamborghiniとデジタルモデル化された最初のランボルギーニによって設計されたモデルとなります。

スポンサーリンク

出品モデルは限定20台中20台目の最後のモデル

ランボルギーニは、フェラーリ「P4/5」やマセラティ「GS Zagato」等を担当したピニンファリーナが主体となり、ランボルギーニ独自のデジタル設計と効率的な製造プロセスのもと、機能性に限らず走行性能も大幅に向上させました。

今回出品される個体は、限定20台のうち20台目(つまりは最後)に作られた最も新しいモデルで、マーシャル・ゴールドマン・リミテッド・プロダクション・ランボルギーニ・コレクションの内の一台として提供さるもの。
走行距離は270kmと超低走行で、ボディカラーはマットグレーの”グリジオ・レヴェントン”(ちょっと緑系が含まれていて、アド・ペルソナムカラーとしてもオーダー可)の一色のみ、インテリアはブラック系の”ネロ・ペルセウス”とグリーン系の”ヴェルデ・オリヴィア”のバイカラー設定となっています。

デザインベースは「ムルシエラゴ」

パワートレインは、「ムルシエラゴ」ベースの排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力650ps/最大トルク665Nmを発揮します。
トランスミッションは、パドルシフターを使用する6速eギアトランスミッション、0-100km/hの加速時間は3.4秒、最高時速は340km/hにまで到達します。

予想落札額については不明ですが、最低でも2億円には到達するのでは?とも言われています。

☆★☆「レヴェントン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この変貌を見よ!ロシアにて、ランボルギーニ「レヴェントン」のレプリカが販売中、ちなみに中身は?(2018/5/20投稿)
【僅か15台の希少モデル】シンガポールにて、ランボルギーニ「レヴェントン・ロードスター」が目撃される【動画有】(2018/2/4投稿)
スイスにて、ランボルギーニ「レヴェントン」が目撃に。その存在感はやはり別格(2017/8/12投稿)
何だこれは?ランボルギーニ「レヴェントン」をゾンビ風にしてみたら?!というレンダリングが公開に(2017/5/22投稿)
痺れるサウンドだ。モントレーのイベントにてランボルギーニ「レヴェントン」が登場【動画有】(2016/10/21投稿)

Reference:duPontREGISTRY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう