これ知ってる?世界限定50台&ボディカラー一択のみのランボルギーニ「ムルシエラゴ・ロードスターLP650-4」がオークションにて登場

僅か50台のみ販売された「ムルシエラゴ・ロードスター」知ってる?

ランボルギーニが2006年秋に発表したフラッグシップ・オープンモデルに「ムルシエラゴLP640-4・ロードスター」ですが、このモデルから更に最高出力を10ps向上し、専用ボディカラー一択のみで世界限定50台のみ販売した「ムルシエラゴLP650-4・ロードスター」が、8月23日より開催するモントレー・カー・ウィーク2018のMecumオークションにて出品されることがわかりました。

スポンサーリンク

グレーとオレンジの不思議なコントラスト

この個体には、上記の通りグリジオ・テレストと呼ばれるグレー系のボディカラーをメインに、アランチョ系のオレンジ系アクセントをエクステリアのフロントリップスポイラーやサイドステップ、エアインテーク部、そして足元のブレーキキャリパやフロントバンパーサイドとリヤクォータにあるLP50-4ロゴにもオレンジ系のアクセントが加えられています。

ホイールはグロスブラックとピアノブラックを組合わせたオシャレ~なアルミホイールを装着。

インテリアはブラックのアルカンターラとレザーのバイマテリアルシートを採用し、ステアリングやシート、ダッシュボード、フロアマットのカラードステッチ、そしてeギアのパドルシフトにはエクステリア同様のオレンジのアクセントが加えられていますね。

パワートレインは、エンジンのアップグレードのためにカスタムシャフトのタイミングと吸入空気量の変更により排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンはそのままに、最高出力650ps/最大トルク664Nmを発揮します。ちなみにエンジンはミドシップで、ガラスデッキライトの下にマウントされています。

もしかすると一番最後に製造されたモデルかも?

シャシー番号は49/50と、最後から2番目に製造されたもので、走行距離は僅か288kmと超低走行。
予想落札価格は不明ですが、噂によれば50台目の個体は製造されていない可能性があり、実質この49番目のモデルが”最後に製造された”モノであることが判明した時点で、最低でも5,000~6,000万円の落札価値があるのではないか?と言われています。

☆★☆Mecumオークション関連記事6選はコチラ!☆★☆

一番安くて1.1億円。モントレーにて、ブガッティ「ヴェイロン」4台がオークションへ(2018/8/15投稿)
限定20台中20台目のランボルギーニ「レヴェントン」がMecumオークションにて出品へ。低走行で億超えは当たり前?(2018/8/14投稿)
あなたはどっちが良い?レッドとイエローの「ラ・フェラーリ」がモントレーオークションにて出品へ(2018/8/8投稿)
実は30色もの特別カラーが存在。レクサス「LFA」がオークションにて登場、予想落札額は5,000万円以下と若干下がり傾向かも?(2018/8/2投稿)
中古車としても登場したランボルギーニ「チェンテナリオ」がオークションに登場。予想落札額はいくら?(2018/8/1投稿)
5月に「フォードGT」を違反転売したオーナーとMecumオークションがフォードから訴えられる→Mecumは引下がらずまたもや「フォードGT」を再出品へ(2018/7/31投稿)

Reference:duPontREGISTRY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう