ロータス生誕70周年を記念して、「エキシージ&エヴォーラ」がドリフトアート。見事な”70”をデザイン【動画有】

ロータスらしからぬ70周年記念企画

ロータスは、1948年から2018年に渡って70年間ライトウェイトスポーツカーを製造し続けてきました。
この度、ロータスが特別な企画として、今最も人気のある2つの限定モデル「エキシージ・カップ410/エヴォーラ・GT410スポーツ」を使用してテストトラックのスキッドパッドにて”70”をテーマにドリフトマーキング(トリビュートロゴ?)を行いました。

スポンサーリンク

大迫力のドリフトが見もの

今回公開されている動画では、一切CGを使用しない100%実写映像で、Gavan Kershaw氏とDaniel Peck氏がドライバのもと、過激なドリフトアクションを起こしていきながら、最後の空撮では見事なキャプチャリングに成功しています。

ロータスは、1948年にコリス・チャップマン氏がロンドンの小さなガレージにて最初の個体を製造し、常にハイパフォーマンス性を重視してきました。
その後、1952年にロータス・エンジニアリングを結成して以来、イギリスのスポーツカーメーカとして立ち上げられ、現在では世界で最もアジャイルな車両を開発しています。

ロータスの現行ラインナップは、「エヴォーラ/エキシージ/エリーゼ」、そして「3-Eleven」となりますが、特に「3-Eleven」はレーシング仕様に特化したハードコアモデルとして販売されています。
今後、同社はBMW「X4/X6」をライバルとしたスポーツSUVを開発・販売していくと説明しており、これまでとは違う新たなロータスの顔を見ることができます。

【Marking our territory. Celebrating 70 years on our test track.】

☆★☆ロータス・SUV関連記事3選はコチラ!☆★☆

ライバルはBMW「X4/X6」。ロータスが2種類のクロスオーバーモデルを開発する模様(2018/8/9投稿)
ロータス初のSUVモデルはラグジュアリー志向に移行か?2022年には導入予定(2018/4/30投稿)
ロータス初のSUVは複数のサイズが存在する?超コンパクトなカップル・サイズも登場?(2018/1/16投稿)
ロータスからコンパクトSUVだと?!謎のパテント画像がリーク(2017/10/27投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう