納車第一号?ドイツにて、アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」が早くもキャッチ

早くも「DBSスーパーレッジェーラ」が公道を走る

アストンマーティンのスペシャルハードコアモデルとなる「DBSスーパーレッジェーラ」が世界初公開されて約1か月半が経過していますが、早くもドイツ・ケルベルグにてグレーカラーの個体が納車されている模様。

スポンサーリンク

追加オプション無しでもこの完成度

「DBSスーパーレッジェーラ」は、ドイツの車両本体価格が約3,480万円とランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」並みの価格帯となりますが、追加オプションはほとんど無し。
つまりはほぼほぼ必要なオプションは標準装備されているとのこと(これは余談ですが、日本限定10台のフェラーリ「J50」も車両本体価格は約3億円ですが、オプション費用は無し)。

この個体は、アストンマーティンCEOであるアンディ・パーマー氏によれば、「真面目なスタイルを持ち、何度も何度も追求し続けた強力なスーパースポーツモデルで、数字では表せないものがある」と説明。

気になるパワートレインは、「DB11」由来の排気量5.2L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力725ps/最大トルク900Nmを発揮。
トランスミッションはリヤマウントZF8速ATを備え、0-100km/hの加速時間は3.4秒、最高時速は339km/hにまで到達します。

若干見にくいですが、ボディカラーがグレーであるのに対し、ルーフカラーはブラックのツートン仕様となっていて、これが意外にもピッタリの相性。

リヤから見るアストンマーティンのデザインも非常に紳士的で美しいですが、それに加えてスポーティさを付加した「DBSスーパーレッジェーラ」は、これまでの「DBシリーズ」や「ヴァンテージ/ヴァンキッシュ」、そして「ヴァルキリー」にはない特別なカテゴリに属するデザインなのではないかと思いますね。

☆★☆「DBSスーパーレッジェーラ」関連記事3選はコチラ!☆★☆

やっぱり登場する?アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」にハードコアモデル”AMR”が登場するとの噂【動画有】(2018/8/3投稿)
アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」遂に世界初公開。出力725馬力/トルク900Nmの最強モデルに(2018/6/27投稿)
アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」がグッドウッドにて目立ち放題。他に登場したモデルたちも見てみよう【動画有】(2018/7/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう