リバティーウォーク仕様・日産「GT-R」ボディキット装着のダイハツ「コペン」が遂に公道に登場。もちろん本物も併せて

あのカスタム「コペン」が公道を走る

日本を代表する過激チューナのリバティーウォーク(LB Performance)が、ダイハツの軽コンパクトスポーツ「コペン」を日産「GT-R」風にカスタム、という記事をご紹介。
今回、ようやくそのカスタムモデルが本物の日産「GT-R」と併せて公道走行する姿が目撃されています。

スポンサーリンク

見た目は日産「ベイビーGT-R」

今回カスタムされた「コペン」は、その魅力的ともいえるフロントフェイスと折り畳み式のハードトップを備えながら、リーズナブルな価格にて購入できるのですが、ここから更に日産「GT-R」からインスピレーションを受け、日産のシンボルとも言われるVモーショングリルとエアダクト、LEDデイタイムランニングを搭載しています。
固定式の大型リヤウィングも装着されていますが、これについては「GT-R」と同形状(サイズは異なる)のものといわれています。

足回りについては、リバティーウォークのシンボルともいえる外付けリベット留めのオーバーフェンダーを装着し、足元のホイールには16インチのForgiatoホイール、エアサスペンションがインストールされ、車高調整が可能となっています。

「コペン」の元々の車体サイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,280mmと非常にコンパクトですが、今回のカスタムにより更にワイドに。
また、Dフレームと呼ばれる軽量モノコック・フレームワークにて構成されているとのことで、このフレームを採用することで剛性が3倍も向上するとのことですが、実際の乗り味も大きく変わってくるのでしょうね。

パワートレインは特に変わらずで、排気量0.66L 直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力64hp/最大トルク92Nmを発揮。
トランスミッションはCVTもしくは5速MTのいずれかから選択が可能となっています。

☆★☆「GT-R」風「コペン」関連記事2選はコチラ!☆★☆

リバティーウォークがダイハツ「コペン」を日産「GT-R」風にカスタム。Vモーショングリルまで再現した細かいこだわり(2018/7/15投稿)
リバティウォークがダイハツ「コペン」を「GT-R」風に過激カスタム。リヤまで再現するこだわりっぷり(2017/9/27投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう