ドライバはポルシェだけでは物足りない。ロードバイクをマウントした「911GT3RS」が目撃される

バイセコー大好きポルシェオーナー参上!

ドイツにて、何ともシュール過ぎるポルシェのハイパフォーマンスモデル「911GT3RS」が登場。
ルーフ上部に上手いことサクションマウントしたロードバイクを運び、目的地まで過激ドライビングしつつも、そこからロードバイクで激しい汗を流すといった構図が容易に浮かびますが、それにしても何とも贅沢な組合わせですね。

スポンサーリンク

オーナーはスポーツカーだけでは物足りない?

「911GT3RS」は、排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力500psを発揮するスーパースポーツモデルで、おまけにボディカラーはスポーティさを際立たせたラヴァ・オレンジにて塗装。
明らかにこれから峠やサーキットにでも行くんですか?といわんばかりの過激さを持つ一台ですが、ポルシェだけでは物足りずチポッリーニ(Cipollini)のロードバイクをマウントしてしまうところはまさしく変態レベル。

チポッリーニのロードバイクは約33万円から約132万円にて購入できる個体ですが、「911GT3RS」はオプション込で約3,000万円は優に超える一台。
おまけに画像を見る限りでは、ブレーキキャリパがイエローなのでPCCB(ポルシェ・カーボン・セラミック・ブレーキ)やオールLEDヘッドライトのオプションを装備していることから、その価格はとんでもないものだと思われます。

ちなみに、過去には世界限定499台+1台のみ販売された「ラ・フェラーリ」のルーフにもロードバイクをマウントしていた猛者がいましたが、世の中は広いと言いますか…色んな人がいるんだなぁと改めて実感します。

Reference:autoevolution

これが噂の「ラ・フェラーリ」だ!

関連記事:世の中にはツワモノがたくさんいる。アメリカにて、バイセコー搭載の「ラ・フェラーリ」が目撃に(2017/11/21投稿)

アメリカ・ニュージャージー州にて、世界限定499+1台のみ販売された、フェラーリ初のハイブリッドモデル「ラ・フェラーリ」が目撃に。
ボディカラーはイエロー系と、フェラーリのシンボルカラーにもなっていますが、それ以上に大きく注目したいところがルーフに積載しているバイセコー(自転車)。
しかも、更に謎なのが自転車の前輪が装着されていないまま、「ラ・フェラーリ」の頭上に設けられているため「どうしてこんなことに?」と疑問がいくつか生じてしまうほど。

ちなみに、この自転車を固定している器具は超強力な吸盤式となっているため、「ラ・フェラーリ」に穴などは開けられていません。
それでも、最高出力963psを発揮する個体ですから、あまりの加速力に自転車がバランスを崩し、そのときの衝撃で「ラ・フェラーリ」に傷がつくかもしれないという恐れを考えると、かなり勇気のいることではないかと思いますね。

🚨😱 Yep, you’re not hallucinating! That’s a #LaFerrari with a bike on top of it 🚲🔝🏎 Shoutout to my buddy @yellofly for having us out to the @aistriusports grand opening and for being his cars out (and putting bikes on them 😂🤙🏻) Make sure you go follow @aistriusports and @yellofly for more epic car/bike/ski/snowboard content ✅ 📷 by @carsandtrees 🏎: @yellofly #Aistriu #AistriuSports #Yellofly #Ferrari #FerrariLaFerrari #Hybrid #V12 #599GTO #599SA #SpecialeAperta #TreeSquad #carsandtrees #itswhitenoise #speedfanatics #igcar #autogespot #blacklist #carswithoutlimits #amazingcars247 #cargram #caroftheday #carporn #exotic #supercar #cargasm #hypercar #carlifestyle #madwhips

Ben / 🌴🌲🌳#TreeSquad🌳🌲🌴さん(@carsandtrees)がシェアした投稿 –

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう