ブガッティ「ディーヴォ」の最新ティーザー画像公開。コーナリング性能を強調し過ぎて形を捉えられず

「ディーヴォ」のアンヴェール姿は速過ぎて見えない?

8月23日開催のモントレー・カー・ウィーク2018にて、世界限定40台で約6.4億円もするブガッティの最新モデル「ディーヴォ」発表まで残り3日となりましたが、今回新たなティーザー画像が公開されています。

ブガッティ「ディーヴォ」の特筆すべき点としては、コーナリング性能の高さにあると同社CEOのステファン・ヴィンケルマン氏も語っていましたが、今回そのコメント通り、コーナーをここぞとばかり攻め立てる画像を公開。

スポンサーリンク

意外にも多彩なカラーにあふれる「ディーヴォ」

ただ、その全ての画像が見事なまでに形を捉えることができず、「それだけ異常に速い」ということを謳った画像かと思いますが、しっかりと確認してみるとダークブルーやシルバー、ホワイト、ターコイズブルーといった多色の要素を採用しているようにも見えますね。

つい先日公開された「ディーヴォ」サイドのシルエットティーザー画像より、「ヴィジョン・グランツーリスモ」からデザインインスピレーションを受けたかのような過激なスタイリングを持っていましたが、その中でも最も類似している点としては、空力学的な安定性とコーナリングを向上させるために背の高いリヤウィングとアグレッシブなシャークフィン、そしてエアロエイドを採用しているということ。

ブガッティの報告書によれば、最新デザインのリヤウィングは、大きなダウンフォースを発生することができ、車体重量についても「シロン」よりも軽いことは明確であるが、1,800kg以上あることは確実とのこと。
またエンジンについては、従来通り排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載することが期待されていますが、トランスミッションについては、モータースポーツ由来のハイクオリティなユニットに置き換えられ、加速性とドライバとのレスポンス性を向上させていくと考えられています。

☆★☆「シロン」限定関連記事5選はコチラ!☆★☆

ブガッティ「ディーヴォ」の追加ティーザー公開。そのシルエットはまさに過激な「VGT」そのもの(2018/8/18投稿)
ブガッティ「ディーヴォ」に関するティーザー映像は全8部公開予定。CEOも「ディーヴォ」についてコメント【動画有】(2018/8/7投稿)
ブガッティ「ディーヴォ」の追加ティーザー画像公開。フランス国旗&ブルーカーボンは標準装備っぽい(2018/7/30投稿)
ブガッティ「ディーヴォ」のティーザー映像が遂に公開。テールライトは「シロン」と完全別物【動画有】(2018/7/28投稿)
ブガッティ「ディーヴォ」らしき開発車両がニュルブルクリンクにてテスト中。「シロン」とは全く別物になる?(2018/7/19投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう