帝王・マクラーレン「720S」がNovitecカスタムでパワーアップ。3レベルで最大800馬力以上に

Novitecが帝王にメスをいれる

ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」やシボレー「コルベットZR1」等、最新スーパースポーツモデルをカスタムし続けるNovitecが、ドラッグレースの帝王でお馴染みのマクラーレン「720S」専用チューニングプログラムを世界初公開しました。

スポンサーリンク

ベースチューニングでも770馬力超え

今回Novitecが発表したチューニングプログラムは、N-Tronic ECUにより、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、最高出力720ps→773ps(+53ps)/最大トルク770Nm→849Nm(+78Nm)へと大幅に向上させています。

N-Tronic ECUよりも更に過激となるレベル2では、ステンレススチールのスポーツエキゾーストシステムだけでなく、最適化されたECUセットアップも含めることで、上記パワートレインはそのままに、最高出力806ps/最大トルク878Nmへと向上。
これによるパフォーマンス性として、0-100km/hの加速時間が2.7秒、0-200km/hの加速時間が7.5秒、そして最高時速は346km/hにまで到達し、驚異的な加速性能を発揮します。

そして最後のレベル3では、トータルバランスを重視したチューニングプログラムとのことで、最高出力791ps/最大トルク863Nmとレベル2よりも控えめではありますが、ドラッグレースでは更なる高みを目指すことが可能であるとして、これまで帝王が作り上げてきた記録を一瞬で葬り去るレベルになることが考えられます。

エンジンチューニング以外には、フロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザー、リヤスポイラーといったところにカーボンファイバがふんだんに使用しており、足元の鍛造ホイールも21インチ程にインチアップすると予想。
まだ価格帯や詳細情報は公開されていませんが、これまでに無い過激な「720S」が登場することは間違いないでしょう。

【Novitec McLaren 720S】

☆★☆Novitec関連記事5選はコチラ!☆★☆

Novitecがランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」を過激カスタム。初の外付けフォージド・コンポジットを採用(2018/6/29投稿)
Novitecがマセラティ「ギブリ」をアップデート。22インチホイール&500馬力に向上(2018/6/6投稿)
これはオーラ半端ない。オランダにて、フェラーリ「F12」ベースのNovitec Rosso「N-Largo S」が目撃に(2018/5/26投稿)
Novitecがランボルギーニ「アヴェンタドールS」専用パッケージを公開。”SV”以上のパワーを発揮(2018/3/28投稿)
とてつもなくイケてる。Novitecがフェラーリ「488スパイダー」専用キットを公開(2017/11/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう