ペブルビーチにて、レクサス「LC/UX」のワンオフモデルがデビュー。「UX」の発売日は11月27日からスタート!

ペブルビーチにレクサスのワンオフモデルが登場

本日より開催中のぺブルビーチにて、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」と最新コンパクトクロスオーバー「UX」のワンオフモデルが世界初公開されました。

今回レクサスが発表したワンオフモデルは、同社標準ラインナップをベースにしたものではなく、「LC」でいえば先日発表されたフレアイエロー採用の欧州限定モデル「LC500・イエローエディション」ベースのカスタムモデルとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

「LC」はかなりスポーティ志向

この「LC」には、コントラスト効果を表現した独特のデザインとなる21インチの大口径マルチスポークアルミホイール(ブラックペイント処理)を装着し、カーボンファイバルーフやアクティブリヤスポイラーを標準設定としています。

インテリアには、ボディカラー同様にイエローのアクセントが加えられたアルカンターラ素材を活用し、ドアインサートやセミアニリンレザーのステッチ、そしてインストルメントパネルやセンターコンソール、グローブソックスにもイエローが採用されています。

「UX」はどらかというとVIP仕様?

こちらは何とも過激すぎるカラーのコンパクトクロスオーバー「UX」。
SEMAショー等でも登場するかのような仕上がりで、VIP Auo SalonのClark Ishihara氏によって作成されたオリジナルワンオフモデルとなります。

ベースはハイブリッドモデルの「UX250h」となっており、Oracalボディラッピングやルーフラックを設定。

足元にはアフターパーツメーカのヴォッセ(Vossen)ホイールやキャットバックエキゾーストシステム、スポーティなフロントスポイラーを装備。
正式発売を前に、過激な様変わりをした「UX」ですが、この個体もようやく今年の11月27日に発売をスタートします。
価格帯は、レクサスの中でもリーズナブルな400万円前後とのことですが、既に多くの問い合わせがあるとのこと。

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ「ランドクルーザー」に新グレード”GXR”が登場か。レクサス「LX570」には過激なブラック・エディションSも(2018/8/7投稿)
160万km走行したレクサス「LS」ってどうなの?ちょっとメンテナンスしてみたら大変なことになってた【動画有】(2018/8/5投稿)
実は30色もの特別カラーが存在。レクサス「LFA」がオークションにて登場、予想落札額は5,000万円以下と若干下がり傾向かも?(2018/8/2投稿)
遂にレクサス「LC F」の開発車両をキャッチ。謎の巨大インテーク&”F”由来のクワッドエキゾースト(2018/7/24投稿)
レクサス「LFA」のメンテナンスはこうやる。最低でも4日間、オイル交換は丸1日、レーシングカーと同じく厳しい検査を受けてのシビアな車だ(2018/7/22投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう