イタルデザインと共同開発の日産「GT-R 50 by Italdesign」が、モントレーにて初の日本仕様車として登場。その後は遂に日本に上陸

「GT-R 50 by Italdesign」がモントレーにも登場!

日産とイタルデザインの共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」が、本日より開催中のモントレー・カー・ウィーク2018にて登場することがわかりました。
しかも、モントレーのイベントの中でも特に珍しいロレックス・モントレー・モータースポーツ・リユニオンに登場するとのことで、これは本イベントが開催されてきた44年の歴史の中で、初めて日本仕様車両が選ばれた記念すべき出来事でもあります。

スポンサーリンク

改めて「GT-R 50 by Italdesign」のスペックを見てみよう

「GT-R 50 by Italdesign」は、「GT-R Nismo」をベースにした究極のハイパフォーマンスモデルで、パワートレインは排気量3.8L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、GT3コンペティション仕様のVTECターボチャージャーと、より大きなインタークーラーを備えたNismo仕様のアップグレード版で、ヘビーデューティクランクシャフトやピストン、コネクティングロッド、ベアリング、高流量ピストンジェット、カムシャフトプロファイルを改良することで、最高出力720ps/7,100rpm、最大トルク780Nm/5,600rpmを発揮します。

トランスミッションは6速DCTを更に強化し、より強力なディファレンシャルとドライブシャフトにより、ダイナミック且つ安全に四輪駆動(AWD)へと伝達されます。
生産台数は僅か50台と少なく、価格は驚きの約1.2億円となっています。

遂に日本にも上陸だ!

なお、今回のイベントに加えてLaguna Secaでも走行が行われた後、「GT-R 50 by Italdesign」は遂に日本に初上陸します。
まだ正式な決定ではありませんが、スケジュールを組みながら日本全国にこの個体が登場することが予想されますし、東京モーターショーやオートサロン、大阪オートメッセでもこの個体を確認することができるかもしれません。

☆★☆日産「GT-R」関連記事5選はコチラ!☆★☆

あのイタルデザインと共同開発の日産「GT-R 50 by Italdesign」がサーキットにてテスト走行。8月末にはモントレーにも登場【動画有】(2018/8/6投稿)
グッドウッド初走行。コンセプトそのものの完成度、エンジンサウンドは完璧【動画有】(2018/7/13投稿)
日産×イタルデザインの共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」がグッドウッドにてデビュー。価格は何と1.2億円だ!(2018/7/9投稿)
ベースは「GT-R Nismo」。日産とイタルデザインが50周年を祝う共同開発モデル「GT-R 50 by Italdesign」が世界初公開(2018/6/29投稿)
栃木県警に日産「GT-R」が納車。日本最速パトカー&ナンバーはもちろん”110”だ!【動画有】(2018/6/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう