DAMD(ダムド)がスズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」ボディキットを公開。メルセデスAMGやランドローバーがモチーフに

まさに「ベイビーGクラス/ディフェンダー」の名にふさわしいドレスアップ

先日、日本を代表する過激チューナー・リバティーウォークが、スズキのコンパクトオフロードモデル「ジムニー/ジムニー・シエラ」をベースにした過激なカスタムモデルを公開していましたが、今度は、エアロパーツやドレスアップを得意とするメーカーのDAMD(ダムド)が、同車専用ボディキットを先行初公開しました。

今回ダムドから発表されたのは、オフロードモデルとして絶大な人気を誇るメルセデスベンツAMG「G63」をモチーフにした”Little G.”と、往年の名車ともいえるランドローバー「ディフェンダー」をモチーフにした”Little D.”の2種類を販売します。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

まずはAMG「G63」モチーフを見てみよう

まず、ホワイトカラーの「G63」をモチーフにした”Little G.”ですが、名称はその名の通り「リトル・Gクラス」そのままで、まさにこれまで語り継がれてきた「ジムニー=ベイビーGクラス」をそのまま形にしたドレスアップモデルと言えますね。

フロントバンパーやグリルは「G63」に寄せたアグレッシブなバンパーフレームとメッシュグリルを採用し、ボディカラーと同色となるオーバーフェンダー、乗降性を向上させたサイドステップ、そして大口径且つ「G63」にも装着しているマルチスポークアルミホイールと、低扁平ながらオフロードにも適したタイヤを装着した完全武装モデルとなっています。

リヤデザインはこんな感じ。
まさかのマフラはリヤ方向ではなくサイドマフラという変態っぷり。
リヤエンドにはボディカラー同色+シルバーメッキ調のスペアタイヤカバーを装着することで、完全に「G63」に合わせているところも抜かりがありません。
未だ価格は公表されていませんが、間違いなく「G63」よりも安価で高品質を維持した一台といえるでしょう。

ランドローバー「ディフェンダー」モチーフも見てみよう

こちらのブラックカラーは、「ディフェンダー」をモチーフにした”Little D.”ですが、名称はその名の通り「リトル・ディフェンダー」そのままで、同車のデザインをものの見事に再現した究極のオマージュモデルとなります。
フロントヘッドライトはそのままに、フロントエンドグリルは6本のフラットバーを採用し、こんもりと盛り上がったフロントボンネットや両端にあるウィンカーを含む二眼ライトも忠実に再現しています。

何やかんやで足元のブラックペイント処理したアルミホイールも、当時の「ディフェンダー」に装着されるデザインをそのまま採用したような印象を受けますね。

リヤの完成度も変態レベル。
リヤバンパー内蔵型であったリヤテールランプ一式を取外し、「ディフェンダー」風のテールランプ内蔵型リヤバンパーへと変更。加えてマットガードもセットにて装着しています。
リヤエンドのスペアタイヤもそうですが、その左側にある「ディフェンダー」の型式を示した”S90HUE”もまた味があって素晴らしい仕上がりかと思います。

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

スズキ・新型「ジムニー」の増産は2019年1月頃を予定。その投資額は20億円程度(2018/8/28投稿)
スズキ・新型「ジムニー」が早くもヤフオクにて転売中。新車総支払い約259万円→即決価格は235万円は買い?(2018/8/23投稿)
【遂に動いた!】スズキの新型「ジムニー」が納期1年以上→生産ラインを2本化にし納期を2分の1にまで短縮する模様。そして赤い新型「ジムニー」も…?!(2018/7/29投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」レビュー続々。レンタカーとしても登場 他【動画有】(2018/7/23投稿)
スズキ・新型「ジムニー」遂に納期1年以上、「ジムニー・シエラ」は2年以上。シエラのアクセサリカタログも公開(2018/7/19投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう