トヨタ・新型「スープラ」のインテリアはBMW「Z4」よりも”タイト”になるとの噂。改めてインテリアデザインを確認してみよう

「スープラ」の室内空間はかなり窮屈?

BMWと共同開発を続けるトヨタの2ドアスポーツクーペ「スープラ」。
これはあくまでも噂ですが、どうやらトヨタ「スープラ」のインテリア空間はBMW「Z4」よりも”タイト”になる可能性が高いといわれています。

今回共同開発にて進められている「Z4」も、そこまで快適性を要する個体ではないとも言われていますが、「スープラ」はそれよりも更に窮屈になるとのことで、トヨタのチームドライバも「室内は非常に窮屈である」という意見が過半数を占めていたとのこと。

スポンサーリンク

インテリアデザインはBMWの技術をそのまま流用

なお、以前にもキャッチされた新型「スープラ」のインテリアデザインですが、デジタルインストルメントパネルやキャビン中央の長方形サイズのインフォテイメントディスプレイ、センターコンソールのギヤシフト、インフォテイメントシステムをコントロールするダイヤル、そしてパドルシフの形状も、そのデザインが全て完全にBMWのデザイン言語をのまま受け継いだといってもおかしくなく、正直”OEMモデル”と疑われてもおかしくないレベルにまで到達しています。

ナビゲーション等の操作性についても、恐らくBMWとほぼほぼ変わらないレベルになるのかと思いますが、よくよく考えてみたら、インテリアデザインやプラットフォーム、そしてエンジンまでもがBMWの技術とユニットを流用しており、加えて「Z4」とは乗り心地や走行性能、トランスミッション(「Z4」にはMT仕様があって、「スープラ」にはMT仕様が無い)が異なるということであれば、トヨタ「スープラ」は「Z4」の踏み台になることは必至。

ワイルドスピード時代からの「スープラ」というブランドは低迷することは考えにくいものの、今回に関しては「Z4」の品質やデザイン性、そして明確にモントレー・カー・ウィーク2018にて量産デザインを公開したこと(トヨタはグッドウッドにて発表すると言いながら、量産モデルではなくカモフラージュ有りの開発車両を発表した)を考えると、信用度の点でもBMWの方が一回りも二回りも上になっていると予想。

▽▼▽関連記事▽▼▽

量産モデルが発表される前から、既に両モデル間で大きな温度差が発生していますが、ここでトヨタがどこまで巻き返しを図ってくれるかがポイントになるかと思います。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ・新型「スープラ」がニュルにてまさかのクラッシュ。リヤトランクの開き方もちゃっかりキャッチ(2018/8/24投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のカモフラージュデザインは第一次世界大戦の戦艦がモチーフ。ボディカラーになる可能性も?(2018/8/4投稿)
一体いつになったら公開される?またまたカモフラージュされたトヨタ「スープラ」の開発車両が登場【動画有】(2018/7/27投稿)
トヨタ・新型「スープラ(A90)」の追加情報。BMW製4気筒モデルのエンジン出力は262馬力発生(2018/7/18投稿)
トヨタが新型「スープラ」についてコメント「ホイールベースは86より短い、レクサス「GS F/RC F」並みのパワーを持つ」(2018/7/16投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう