フェラーリ「FXX K Evo」がイタリア・ミラノの公道を走行するイベントが開催。日本・大阪でも同様のイベントが行われてた件【動画有】

「FXX K Evo」がイタリアの公道を走る

フェラーリのトラックモデルとなる「FXX K」を更にハードコア版に仕上げた「FXX K Evo」が、イタリア・ミラノにて開催されたF1ライブ・フェスティバルにて公道を走行するイベントが開催されました。

「FXX K Evo」は、「FXX K」比の23%、公道仕様モデルとなる「ラ・フェラーリ」比の75%、更にはフェラーリのGTレーシングモデルと同等レベルという、とんでもないダウンフォースを発生する一台ではあるものの、基本的にはレーシングモデルということもあって、公道での走行はもちろん不可能。

スポンサーリンク

過激な加速とターンを披露する「FXX K Evo」

しかしながら、今回のイベントでは、数多くの富豪やフェラーリの中でも特別に選ばれた人物だけが入会できるフェラリスタの意向もあって実現したものですし、お金で全てを解決できるだけの権力を持った人物だからこそできるイベントなのだと思われますね。

本動画では、「FXX K Evo」がある程度パワーを抑えて走行し、軽いパフォーマンス程度のターンを披露していますが、やはり軽く流すような走り方であってもそのサウンドは耳が引きちぎれそうなレベル。
現地にいたギャラリも、何人か耳を塞いで観戦を楽しむ姿が見られますが、やはり目で見ても、耳で感じるだけでも官能的になるのがフェラーリなんだなぁとしみじみ。

ちなみに「FXX K Evo」のパワートレインは、「FXX K」と同じとなる排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジン+電気モータを搭載したハイブリッドモデルで、最高出力はエンジン860ps+電気モータ190psを足し合わせた1,050ps、最大トルクは900Nmを発揮します。
トランスミッションは、F1にて採用のデュアルクラッチ7速ギヤボックスを搭載し、足回りにはブレンボ製カーボンセラミックブレーキやフロント19インチ、リヤ20インチのピレリPゼロタイヤを装着します。

【Ferrari FXX K EVO screaming on the streets of Milan during the 2018 F1 Live Festival!】

日本でもフェラーリF1と100台の公道モデルがパレードランするイベントが開催していた

ちなみに、日本でも大阪・御堂筋にてフェラリスタを代表するO氏がF1を公道にて走らせ、その後フェラーリ100台のパレードランを行った御堂筋ワンダーストリートが開かれていましたね。
ガムボール3000同様に、また開催されるかわからない貴重なイベントですが、また行きたいと思えるイベントです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆「FXX K Evo」関連記事5選はコチラ!☆★☆

投機目的?フェラーリ・レーシングモデル「FXX K」→「FXX K Evo」にアップグレードしたモデルが販売中(2018/6/4投稿)
フェラーリ究極のレーシングモデル「FXX K Evo」がスパを走る。そのサウンドは「488ピスタ」を凌駕【動画有】(2018/5/15投稿)
フェラーリ最強の「FXX K Evo」がイギリスのオートスポーツインターナショナルにてデビュー。改めてスペック等も再確認だ(2017/11/29投稿)
フェラーリ「FXX K Evo」の展示車両を動画にて。ステアリングも併せて公開【動画有】(217/10/31投稿)
フェラーリ「FXX K Evo」が遂に公開。「FXX K」比23%、「ラ・フェラーリ」比75%のダウンフォースを発生(2017/10/31投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう