前にスライドするドアでお馴染み。レズヴァニの「ビースト・アルファ」がワールドプレミア

20161118_1_%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

下記の関連記事より、レズヴァニ・モーターズが前にスライドするドアを採用した「ビースト・アルファ」をLAモーターショー2016においてワールドプレミアしました。

関連記事:何だこれは。アメリカのスーパーカーメーカーが”前にスライド”するドアを発表

スポンサーリンク

この「ビースト・アルファ」は、ミッドシップのツーシーターとなるタルガトップを採用したクーペモデルであり、ロータス製のシャシーを使用していることが判明。

さらには、パワートレインについてはまさかのホンダ製のエンジンが搭載され、排気量2.4L 4気筒ターボチャージャーエンジンを積むことで最高出力は500hpを誇るとのこと。
なお、この個体の公称車両重量は880kgとかなり軽量で、最高速度は281km/hにまで到達し、0-100km/hは3.2秒とランボルギーニ「ウラカンLP610-4・クーペ」と同じ加速性能を有しています。

20161118_4_%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

なお、この個体の一番の特徴となる”前にスライドするドア”はサイドワインダー・ドアという名称で、既に特許取得済みとのことです。

20161118_3_%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

20161118_2_%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

20161118_5_%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

20161118_6_%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう