何と…スバル「WRX S4」にレンジトッピングモデル”STI Sport”が登場。300馬力発生で価格は409万円から

スポーティ&ラグジュアリーなSTIモデルが誕生

スバルの上位スポーツグレード「WRX S4」に、最上位グレード&スペシャルエディションモデルとなる「WRX S4 STI Sport」が9月21日より発売されることがわかりました。
この個体は、Subaru Tecnica International(STI)との共同開発によって生み出されたモデルで、ベースとなる「WRX S4」は、2014年から現行モデルとして登場して以来、幾度かのマイナーチェンジが行われながらも、日常使いでもこなすことのできる人気車種となります。

スポンサーリンク

「WRX S4 STI Sport」には、一体何が装備される?

今回発表された「WRX S4 STI Sport」は、優れた乗り心地とアジャイルなハンドリング性能を持ち、コーナリングの安定性が向上したことで、ドライビングパフォーマンスが向上しているとスバルは主張。
これは、STIにセットアップされたBilstein DTMaticⅡインバーテッドストラットのような機械的なアップグレードだけでなく、リヤの従来ダンパーとスプリング(STIにて調整)も装備されています。

この個体は、STIバッジやダークグレーの18インチ合金ホイール、ダークメタリックのフロントグリルやヘッドラインを施した独自の外観デザインのタッチが特徴的で、その他にはよりスポーティ性を強調させるためにブーツリッドスポイラーやシャークフィンアンテナ、ミラーキャップ、フロントフェンダートリムをブラックペイント処理しています。

インテリアも中々にスポーティ

インテリアについては、レンジトッピングモデル「WRX S4」同様のボルドーレザーとウルトラスエード、レザー&レッドステッチ、ステンレス製シルバープレート、STIロゴがデザインされたRECAROフロントシートも装備し、刺激的なドライビング空間を提供します。

気になるパワートレインについては、排気量2.0L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力300ps/最大トルク400Nmを発揮し、トランスミッションはSport Lineartronic CVTオートマチック&AWDシステムを搭載します。
価格帯としては4,093,200円の販売となります。

☆★☆「WRX」関連記事5選はコチラ!☆★☆

「雷鳴は長く続かない=ご購入はお早めに」。カナダ限定100台のみ販売のスバル「WRX”雷雨”Raiu Edition」が登場(2018/9/4投稿)
スバル・500台限定の特別仕様車「WRX STI タイプRS-R」が販売スタート→まさかの当日完売に(2018/7/5投稿)
スバルより2019年モデルの「WRX」と限定250台のみの「WRX STI Gain New Series. Gray」が登場(2018/5/25投稿)
スバル「WRX STI」の2019年モデルが一部改良へ。最高出力を僅か5馬力アップ(2018/4/13投稿)
【朗報】スバル・次世代「WRX」にはマニュアルが継続される模様(2018/4/7投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう