限定僅か8台のみ。Novitecカスタムによるツインスーパーチャージャー搭載&777馬力発揮のフェラーリ「430スクーデリア」が登場【動画有】

過激なNovitecチューンの「430スクーデリア」が登場

過激チューナでお馴染みのNovitecによる、世界限定8台のみカスタムした特別なフェラーリ「430スクーデリア」が登場。
フェラーリ「360チャレンジストラダーレ」の後継モデルとして登場し、後の「458スペチアーレ/488ピスタ」といったスペチアーレを築くモデルの一つにもなっている「430スクーデリア」。
当時は、直接的なライバルであったランボルギーニ「ガヤルド」が登場していたときに製造され、ブランドの最新モデルかつ最高の技術を培ったV8ミドシップモデルとなります。

スポンサーリンク

パワーだけで777馬力、「488ピスタ」よりも50馬力上だ!

「430スクーデリア」は、従来「F430」と比較して排気量4.3L V型8気筒自然吸気エンジンはそのままに、エンジンチューニングによって最高出力490ps→510ps/最大トルク465Nm→470Nmを発揮。
パフォーマンスも、0-100km/hの加速時間が4.0秒→3.6秒に短縮し、最高時速も316km/h→319km/hにまで向上しています。

そんなハイパフォーマンスモデルの「430スクーデリア」ですが、Novitecはここから更に2台のスーパーチャージャーのセットアップとECUチューニングにより、最高出力510ps→777psまで過激に向上させていて、現在のスペチアーレモデル「488ピスタ」の720psよりも圧倒的に高い出力値を得ています。
ボディカラーも、ステルス戦闘機風のマットグレーを採用しており、スモークテールライトを装備することでその厳つさは倍増。

明らかに近づきがたいオーラを解き放つスーパースポーツモデルではありますが、それでも純正パーツを上手く活用しながらも、原型を極力崩さないNovitecのスタイリッシュ且つスマートなカスタムはやはりハイセンスの一言に尽きますね。

【1 of 8 Novitec Rosso 430 Scuderia Twin-Supercharged with 777HP – Acceleration Sound!】

☆★☆Novitec関連記事5選はコチラ!☆★☆

帝王・マクラーレン「720S」がNovitecカスタムでパワーアップ。3レベルで最大800馬力以上に(2018/8/22投稿)
Novitecがランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」を過激カスタム。初の外付けフォージド・コンポジットを採用(2018/6/29投稿)
Novitecがマセラティ「ギブリ」をアップデート。22インチホイール&500馬力に向上(2018/6/6投稿)
これはオーラ半端ない。オランダにて、フェラーリ「F12」ベースのNovitec Rosso「N-Largo S」が目撃に(2018/5/26投稿)
Novitecがランボルギーニ「アヴェンタドールS」専用パッケージを公開。”SV”以上のパワーを発揮(2018/3/28投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう