人気上昇中?マツダがイギリス専売モデル「CX-3/デミオ」の特別仕様車”Black Edition”をそれぞれ限定500台販売へ

欧州マツダより2台特別仕様車が登場

欧州マツダ、イギリスでの同社拡販活動のため、新たなる特別仕様車として「CX-3/デミオ(マツダ2)」”Black Edition(ブラック・エディション)”を販売することを発表しました。

スポンサーリンク

中々にお買い得な「CX-3”Black Edition”」

今回発表された特別仕様車ですが、コンパクトSUVモデルとなる「CX-3」は、SKYACTIV-Gガソリンエンジン+前輪駆動(FF)モデルをベースにしたもので、最高出力は121psを発揮。
トランスミッションはMT(約316万円)/AT(約330万円)の2種類をラインナップし、限定500台のみ販売します。

主な特別仕様のポイントとしては、SE-L  Nav+Lトリムレベルに基づき、ボディカラーは”ソウルレッドクリスタルメタリック”や”エターナルブルーマイカ”、”マシングレイメタリック”の3種類から選択が可能となっています。

従来の「CX-3」とは異なり、ブラックミラーキャップやリヤスポイラー、18インチシルバー合金ホイール等いくつかのアップデートが施されており、更には、フロントパーキングセンサーやリバーシングカメラ、レザーシート、ステアリングヒーター、ヘッドアップディスプレイが標準装備されています。

200万円以下ほぼフル装備の「デミオ”Black Edition”」

続いてのコンパクトハッチバックモデル「デミオ(マツダ2)」についてですが、こちらも「CX-3」同様にSKYACTIV-Gガソリンエンジン(1.5L)+前輪駆動(FF)モデルをベースにしたもので、最高出力は90psを発揮。
トランスミッションはAT(約193万円)のみラインナップし、こちらも限定500台のみ販売します。

主な特別仕様のポイントとしては、SE-L  Nav+Lトリムレベルに基づき、ボディカラーは”ダイナミックブルーマイカ”や”ディープクリムゾンマイカ”、”マシングレイメタリック”の3種類から選択が可能となっています。

従来の「デミオ」とは異なり、ブリリアントブラックルーフスポイラーやブラックアロイホイールを装備し、シャークフィンアンテナとリヤプライバシーガラスも標準装備されています。

☆★☆欧州マツダ・特別仕様車関連記事5選はコチラ!☆★☆

マツダ・新型「CX-3」が欧州でもようやく発売。ディーゼル&500台限定”スポーツブラック+”登場で拡販を狙う(2018/8/22投稿)
イギリスにて、マツダ「CX-5」が遂に登場。イギリスでは初のCVT搭載ガソリンユニットに(2018/7/27投稿)
イギリス専売モデルのマツダ「MX-5/ロードスターRFスポーツブラック」が販売スタート。価格は約390万円から(2018/4/28投稿)
マツダが「デミオ」に続いて「アクセラ/マツダ3」の特別仕様車”スポーツブラック”を受注スタート(2018/4/4投稿)
マツダ「デミオ/マツダ2」が年次改良。限定500台のみのスポーツブラックリミテッドも登場(2018/3/31投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう