シトロエン・新型「DS3クロスバック」が遂にアンヴェール。ダイヤモンドデザインでラグジュアリーさを向上、航続可能距離は450kmに

デザイン一新した「DS3クロスバック」が遂にアンヴェール

フランスの自動車メーカ・シトロエンが製造し、DSブランドして販売する最新モデル「DS3クロスバック」が遂にアンヴェール。
今回公開されているモデルは、特徴的なヘッドライトに流れ込むクロムサラウンドと目立つメッシュグリルを装備。グリル周りには、スリム且つ自由なデザインを持つLEDデイタイムランニングライトと隣接していて、非常に先進的でアグレッシブなデザインへと一新しています。

スポンサーリンク

DSブランドらしい自由なデザインが特徴

全体的なスタイリングとしては、シトロエンの伝統的なデザインを継承しつつもBピラーには何やらウェーブのようなアクセントが加えられていますね。
この辺りはDSブランドとしてのユニークなデザインと言えそうです。

また、サイドドアパネルにあるドアハンドルはフラッシュハンドルもしくはツートンデザインの何れかから選択が可能となっています。

リヤデザインはポルシェ風?

リヤデザインはかなり大きな変化を見せていますね。
ショートなリヤスポイラーやリヤフェイス、比較的コンパクトなリヤウィンドウとスタイリッシュなリヤテールランプは若干ポルシェ風にも見えますね。

インテリアは”ダイヤモンド”がテーマ

インテリアはやはりフランス車ということもあって非常にオシャレ。
デジタルインストルメントクラスターやヘッドアップディスプレイを備え、高級感を持たせた3スポーク式ステアリングホイールを備えていますね。

センターコンソールをチェックしていくと、非常にワイドなインフォテイメントスクリーンやダイヤモンドをテーマとしたコントロールボタンとエアコンの吹き出し口は何ともオシャレ。
しかも、こうしたダイヤモンドデザインはダッシュボードやシート、ドアパネルにも採用されていることが確認できます。

なお、詳細仕様については9月14日に発表される予定ですが、現時点で報告されているパワートレインは、電動専用モデルであれば、50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、システム出力115ps、フル充電にて航続可能距離は450kmまで到達するとのことです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

かなり進化したフロントデザイン。2019年モデル・シトロエン「DS3クロスバック」のパテント画像がリーク(2018/7/11投稿)
プジョーの次世代「208GTi」はオールエレクトリックモデルとの噂。発表は3月のジュネーブモーターショー2019か(2018/7/7投稿)
プジョーがパリモーターショー2018にて新型コンセプトを発表へ。最新モデル「208」も登場か(2018/5/25投稿)
プジョー「508」にステーションワゴンが登場?10月のパリモーターショーにて公開か(2018/5/3投稿)
プジョー「3008」を見積もりしました。総支払額は511万円、リセールを考慮するとかなり不利か(2017/8/3投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう