ランボルギーニ「アヴェンタドール/ウラカン」の置換えモデルには、自然吸気エンジン+電気モータのハイブリッドが濃厚。最新プラットフォーム「MimoⅡ」とは?!

NAはそのままに高回転型を維持したハイブリッドモデルが登場か

ランボルギーニは以前より、「アヴェンタドール/ウラカン」の置換えモデルには、引き続きV12/V10自然吸気エンジンを採用していくといわれてきましたが、これについて改めて同自然吸気エンジンに加えてハイブリッド技術を利用すると計画されていることがわかりました。

最近では、ポルシェがフォルクスワーゲングループの傘下もとで高級ブランドを引継ぎ、ランボルギーニを傘下として最新プラットフォームを採用していく(現在はアウディ傘下)など、新たなる動きが見えてきていますが、ここにきてランボルギーニは、既に「アヴェンタドール」の置換えモデルとして、V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、新しいモデルの一部のコンポーネントを採用していくことが明らかになっているとのこと。

スポンサーリンク

親会社がアウディからポルシェに代わることで開発計画も後ろ倒しに?

なお、既に現時点でポルシェの経営による予算が遥かに超えているとのことですが、これまでの開発のために費やしてきた投資金額をドブに捨ててプロジェクトを中止することの方がリスクが高いため、このまま継続されることになるものの、いずれにしてもこの置換えモデルについては、親会社が変更となる可能性が高くなった今、開発スピードが遅れることは間違いないかと思われます。

一方で、エントリーモデルでありながらもハイパフォーマンスモデルとして登場した「ウラカン・ペルフォルマンテ」のように、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンをベース?もしくは改良版が採用されると予想され、最高出力640psのエンジン出力と、約20hp以上ものアシスト力を加味できる電動モータを採用する複数搭載により、システム総出力1,000psにまで到達できる技術にまで持ち上げてくる可能性が高いといわれています。

カーボンモノコックの次なるプラットフォーム「MimoⅡ(ミモ)」とは?

なお、ランボルギーニは「ウラカン」の置換えを行うにあたってコストを削減していく必要があるとして、カーボンファイバモノコックではなく「MimoⅡ(ミモ)」と呼ばれる新しいアルミニウムプラットフォームに基づいている可能性を示唆しています。
今現在、ランボルギーニの親会社となっているアウディのトップレンジスポーツモデル「R8」には、従来ランボルギーニ「ウラカン」と同じ構造を採用していますが、より手ごろな価格のオプションと「MimoⅡ」プラットフォームを採用することで、フェラーリ「488シリーズ」のような快適な乗り心地を提供することが可能になるのだとか。

あとはV12エンジン搭載の「アヴェンタドール」の置換えですが、今現在で言えば「アヴェンタドールSVJ」のような最高出力770psよりも更に強力するとともに、電気モータを搭載(フロント2基、リヤ1基)することでシステム出力410psを発揮し、システム総出力は1,180psまで到達することは容易になると思われます。

そしてここに加えて、予てよりシングルクラッチを貫いてきたV12モデルも、ようやくデュアルクラッチを採用することとなり、より最適な加速性能を発揮する究極のスーパースポーツモデルを販売することが期待されています。

☆★☆ランボルギーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

VWグループがブガッティやランボルギーニ等のために”スーパープレミアム”ブランドグループを作成?そのブランド価値は15兆円にも上る?(2018/9/11投稿)
アウディ傘下だったランボルギーニ。来年1月からはアウディから外れ、ポルシェの傘下に入るとの噂(2018/9/11投稿)
ランボルギーニ「いつまでもV12NAを採用することはできない。いつかはダウンサイジングターボ&ハイブリッド化が主流になる」(2018/9/3投稿)
ランボルギーニのハイブリッドハイパーカー「LB48H」は850馬力を発生?エンジンだけでも800馬力との情報も(2018/9/2投稿)
ランボルギーニが、次なる最新モデルについて言及「エクストリーム(極限の)・エアロを採用するだろう」(2018/8/29投稿)

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう