フェラーリ「F12tdf」の知っておきたい5つのコト。自動車ジャーナリストがセクシーに解説【動画有】

「F12tdf」について知っておきたい5つのコトをご紹介

以前、「ラ・フェラーリ」の意外と知られていない5つのコトを紹介した自動車ジャーナリストのJulia Piquetさんが、今度は世界限定799台のみ生産した「F12tdf」に関する5つのことをご紹介。
「ラ・フェラーリ」の回でもそうですが、なぜかセクシーな衣装で紹介していく彼女にも注目です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

①「F12tdf」の”tdf”は、自転車レースとは異なる”Tour De France”を意味している

車名に使用される「tdf」は、1899年から1980年代まで行われてきたカーレース「ツール・ド・フランス」を意味して、著名な自転車レースの「ツール・ド・フランス」とは全く関係ありません。
また、”tdf”という名称が付けられたフェラーリモデルは、1956年より製造された「250GT tdf」以来59年ぶりで、上記にも挙げたカーレース・ツール・ド・フランスにて8年連続優勝を果たしたことでも有名となっています。

②「F12ベルリネッタ」がベースで、更に40馬力も向上している

「F12tdf」は、フラッグシップモデルとなる「F12ベルリネッタ」がベースとなっていて、エンジン出力も40psアップの780psを発揮。
「F12ベルリネッタ」の740psでも十分すぎる程のパワーを持っているのですが、高性能限定モデルとして更にエンジンチューニングが施され、はるかに美しいサウンドを奏でています。

③「F12ベルリネッタ」よりもトラック向け。ダウンシフトは40%も速い

「F12tdf」は、ただ単に馬力が向上しただけでなく、シフトチェンジする際のダウンシフトが40%速くなり、シフトアップは30%も速くなっています。
ギヤ比が6%も短いトランスミッションを搭載することで、これまで市販化してきたロードカーの中でも最もトラック向けに開発されており、速さとレスポンスの面では、業界トップクラスとも言われています。

④ダウンフォースはほぼ倍増

まだまだ改良が施されている「F12tdf」。
シフトチェンジに留まらず、ダウンフォースの面でも更にアップデートされています。
「F12」とは異なるフロントスプリッターやフェンダー、スポイラーが改良され、これにより約2倍のダウンフォースを発生することが可能になっています。更に車体重量も「F12ベルリネッタ」に比べて110kgも軽量化されています。

⑤800台も作られていない限定モデル

「F12tdf」は世界限定799台のみ製造されたモデルで、製造年数は僅か1年間と非常に短いです。
価格も約5,230万円と高額でありながらも即完売しており、その希少性の高さが評価され、今現在では新車価格よりも倍の1億円以上にて販売されています。

【5 Things You Dindn’t Know About The Ferrari F12tdf】

☆★☆「F12tdf」関連記事5選はコチラ!☆★☆

まさに往年のレーシングカー。フェラーリ・コレクターが購入した「250GTルッソ」仕様のワンオフモデル「F12tdf」をご紹介【動画有】(2018/9/10投稿)
そのオプション費用は1,000万円以上。ワンオフモデルのフェラーリ「F12tdf」がMecumオークションにて出品へ(2018/8/16投稿)
オプションは1,000万円以上。あのセバスチャン・ベッテル選手のサイン付・フェラーリ「F12tdf」がオークションに登場(2018/4/14投稿)
新車価格の3倍以上。クレイジーカスタムのフェラーリ「F12tdf」が約1.7億円販売中(2018/4/2投稿)
異様な存在感。あの「ラ・フェラーリ・アペルタ」にも使用されたカラーの「F12tdf」が登場(2018/2/6投稿)

Reference:FERRARICHAT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう