スバル「BRZ」がマイナーチェンジ?謎のプロトタイプモデルがニュルブルクリンクを走る

この開発車両は一体?

トヨタとの共同開発によって登場したスバルの2ドアスポーツクーペ「BRZ」と思われる開発車両が、ドイツ・ニュルブルクリンクにてテスト走行しているところをキャッチされています。
スバルは先日、修正されたダンパーやホイールアーチフィンの改良によって簡易的なマイナーチェンジが施されましたが、今回の開発車両では、全身ホワイトのボディカラーに、フロントホイールとドアエッジの間の大きなフラット型のエア通気口が設けられ、更にはリヤバンパーの両サイドに2つの小さなアウトレットが確認できますね。

スポンサーリンク

大きなデザイン変更は無し?

今回目撃されている開発車両について、これは明確な情報ではないものの、乱気流を減らして車をより滑らかにするために空力パーツを改良する準備が進められている可能性があるとのこと。

サイドからリヤデザインにかけてのポイントについては、特に大きな変更は無さそうですね。

こちらはリヤデザイン。
両サイド1本だしのデュアルエキゾーストパイプやリヤテールランプ、リヤバンパー、スポイラー等を確認してみても、カモフラージュカバーをかぶせているポイントはどこにもない為、やはりデザインの大幅な変更は無さそう。

フロントヘッドライトやフォグランプ、その他フロント周りのパーツ関係についても、特に大きな変更が施される可能性はなさそうですが、共同開発によって生み出されたトヨタ「86」も含めて、セダン同様に販売台数も徐々に低迷し、販売需要も下降気味。
頻繁的なモデルチェンジはもちろんのこと、フルモデルチェンジするだけのメリットも少なくなりつつあるため、もしかするとこういった販売需要が低迷しつつあるモデルは、そのままデザインを変更することなく継続される可能性があるかもしれませんね。

☆★☆スバル「BRZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

スバル「BRZ」の改良モデルを発表。空力特性やサスペンション、ハンドリング性能も向上へ(2018/9/12投稿)
「GT4586」の再来?スバル「BRZ」にシボレー「コルベットC6」用V8エンジンをブチ込んで580馬力発生【動画有】(2018/6/19投稿)
これで本当に大丈夫か?次期モデル・トヨタ「86」/スバル「BRZ」の予想レンダリングが公開(2018/4/21投稿)
次世代(2021年)モデルのトヨタ「86」/スバル「BRZ」には新エンジンが搭載予定(2018/4/5投稿)
スバル・アメリカが「BRZ tS/WRX STIタイプRA」の価格を発表。最低400万円からのハイパフォーマンスモデルを提供(2017/12/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう