これ本当?ブガッティ「シロン」に”スーパースポーツ/グランスポーツ”が追加されるとの噂

ブガッティは「シロン」の派生モデルを開発している?

ブガッティは以前、世界限定500台のみ販売している「シロン」の最高速度に関して、「テストはしていないけど、最高速度は450km/hまで到達できるだろう」と説明し、更にはハイパフォーマンスモデルとして”SS/スーパーレッジェーラ/アペルタ”等も登場する?との噂が浮上していましたが、今回更に追加グレードとして”スーパースポーツ(SSとは別?)/グランスポーツ”もラインナップするかもしれない、との噂が浮上しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

ブガッティの次なるキーワードは…”軽量化”?

まず、「シロン」にラインナップされるであろう”スーパーレッジェーラ”についてですが、これは「シロン」の軽量版を示しており、具体的には3Dプリンタによって作成されたブレーキキャリパや新しい開発コンポーネントを使ったウィンドウシールドワイパー等を採用することで、あらゆる部分を軽量化することが可能と言われています。

それに対して、今回新たに追加の噂が浮上している「スーパースポーツ」ですが、これは「ヴェイロン・スーパースポーツ」の後継モデルに匹敵すると思われ、搭載される排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンもアップグレード化され、更には従来の「シロン」よりも軽くなることが予想されます。

次に気になる「グランドスポーツ」についてはまだ不透明な部分はあるものの、今後ブガッティは、ポルシェやリマック、ダラーラと共同にて世界最強の電気自動車を開発する可能性を示しています。
もちろん、スペックなどについては明らかにされていませんが、これまでのブガッティのスペックを鑑みても、最高出力は余裕で2,000psを超えてくるでしょうし、更にはコーナリングにも特化したスーパースポーツ本来の走りを提供するかもしれませんね。

☆★☆ブガッティ関連記事3選はコチラ!☆★☆

ブガッティCEO「既にシロンに続くセカンドモデルの準備ができている」セダンだけでなくSUVの可能性も?(218/9/12投稿)
ブガッティ「シロン」のラインナップ拡大へ。”SS/スーパーレッジェーラ/アペルタ”といった派生モデルが登場か?(2018/9/11投稿)
ブガッティ「W型16気筒エンジンはもう作れない。厳しい法律を満たすにはハイブリッド以外に方法が無い」(2018/9/10投稿)
ブガッティに新たな4ドアモデル?カーカバーにてカモフラージュされた謎の車両が目撃される(2018/8/31投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう