オフロード仕様のフォード「マスタング・ラプター」が登場したら?というレンダリングが公開。これ多分売れるんじゃね?

意外とアリな「マスタング」のレンダリング画像が公開

世界で最も売れているスポーツカーとして有名なフォード「マスタング」を、オフロード仕様にしてみたら?というレンダリングが公開されています。
今回レンダリングを担当したのは、デジタルアーティストのX-TomiDesign氏で、過去これまで既存モデルの変則的なスタイリングを持つデザインレンダリングを公開してきましたが、今回のオフロード仕様となる「マスタング・ラプター」は想像以上にクール。

スポンサーリンク

「マスタング・ラプター」に塗装されているカラーは、スポーティ且つ引き締まりの強いメタリック系のブルー・オーヴァル(Blue Oval)で、今ではラインナップされていない唯一のボディカラーとなります。
スタイリングとしては、従来「マスタング」の足回りをハイリフト仕様に改造し、ぬかるんだ道や凹凸のはげしい路面、更にはキャンバー角のキツいオフロードを走破するための独立懸架式サスペンション、そして足元にはそこまで大きくない18インチアルミホイール+オフロード専用タイヤを装着しています。

なお、デザインベースとなるのは、同社「F-150ラプター」をインスパイアしており、フロントエンドのグリルをチェックしていくと、「マスタング」の特徴でもある跳ね馬ではなく、シルバースキッドプレートにて仕上げられたフロントバンパー+FORDロゴに貼り替えられていますね(この辺りは意外と見落としがち)。

実はピックアップトラックも似合ってた!

ちなみにこちらは、フォード「マスタング」をピックアップトラック風にしてみたら?というレンダリング画像。
単にアメ車だからなのか、「マスタング」のデザインがそうさせているのかはわからないのですが、何故かピックアップトラックにしても”しっくり来る”というのが不思議なところ。
ボディ形状としては2ドアタイプのピックアップトラックとなりますが、どことなく低車高の2ドア・セダン風にも見えますしスポーティな印象を受けますね。

細部を確認していきますと、フロントスプリッターからリヤスポイラーにかけて、セダン風のスタイリングを崩さないようにしており、更にはハイパフォーマンス性能を引き出すためにPirelli PゼロのタイヤとBBSメッシュホイールとの組み合わせも非常にマッチしています。
マフラの配置においても、アメ車特有のサイドマフラ(ちなみに日本では車検が通らない仕組み)となっています。

☆★☆X-TomiDesign関連記事5選はコチラ!☆★☆

【レンダリング】これ出したら売れるんじゃね?BMW「Z4 M40i」とスズキ「スウィフト・スポーツ」を合体したら?(2018/9/3投稿)
【レンダリング】これ登場したら売れそう。スズキ・新型「ジムニー」をピックアップトラック&4ドア風にしたら?(2018/6/22投稿)
こっちの方がアリ!フェラーリのワンオフモデル「SP38」をスパイダーにしたら?というレンダリング画像が公開(2018/5/29投稿)
ロールスロイス「カリナン」の予想レンダリング公開。ピックアップトラック、鉄チンホイールのエントリーモデル等(2018/5/20投稿)
もしトヨタ「オーリス」にGRMNモデルが登場したら?というレンダリング画像が公開に(2018/3/14投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう