まだ納車すらしていないアストンマーティン「ヴァルキリー」がまたまた転売へ。新車価格よりも3,000万円アップ

止まらぬ「ヴァルキリー」の転売

以前、アストンマーティンが世界限定150台のみ販売した究極のハイブリッドハイパーカーモデル「ヴァルキリー」ですが、この個体が未だどの顧客にも納車されていないにも関わらず、既に高値で転売されていたり、なかには「ヴァルキリー」の”生産枠”を億単位にて販売するというとんでもない猛者たちが登場していましたが、今回もまた一人、未だ納車していない「ヴァルキリー」を転売するとんでもないオーナーが登場。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

今回の転売モデルは今までになくお買い得?!

今回中古車市場に登場している個体は、現車はもちろんのこと、オプション内容等も一切公開されていない未納車の「ヴァルキリー」で、走行距離は僅か数km程度とのことですが、そもそも納車していないのでこの辺りは記載しても全く不必要な情報ですね。

「ヴァルキリー」は、レッドブル・フォーミュラ1チームとのコラボレーションによって生み出されたGTメーカ初のハイパーカーであり、速くとも来年には出荷開始予定となっています。
新車販売価格にして、約3.5億円と(オプションを加味した)ブガッティ「シロン」並みの高額モデルとなりますが、ココに特別なボディカラー(中には月の鉱物を含んだボディカラーをオーダーした猛者も)やホイールの反射率指定等も全てオプションとなっているため、それらだけでも余裕で4億円は超えてしまう究極の一台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお、今回中古車市場にて登場している「ヴァルキリー」の中古車価格は、約3.8億円と新車販売価格よりも僅か3,000万円上がった程度。
普通に考えたら、オプション代だけでフェラーリ「488GTB」やランボルギーニ「ウラカンRWD」を新車にて購入できるレベルではありますが、よくよく考えてみたら納期が最短でも2年もかかる「ヴァルキリー」を僅か+3,000万円支払うだけでオプション込+即納にて納車できるということを考えると、あまりにもお買い得過ぎる一台なのでは?と思うところ。

ただ残念なことに、中古車市場に登場していても、この個体が必ずしも顧客のもとには届くとは限らないため、ある意味ハイリスクを背負ってでも購入したい人にとっては、本気で試してみるのも良いのかもしれません。

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう