ベースはフォード「マスタング」のコーチビルドモデル「Warszawa M20 GT」が世界初公開→ただし無許可で作ったためお蔵入りに【動画有】

完全に”誰得?”な「マスタング」ベースのコーチビルドが登場

ポーランドの有名なコーチビルダー・KHMモータポーランドが、2016年式のフォード「マスタング」をベースとしたカスタムモデル「Warszawa(ワルシャワ) M20 GT」を世界初公開しました。
このモデルは、1950年代にKHMモータポーランドが初めて製造した量産モデル「FSO Warszawa M20」への敬意を表した特別モデルで、”M20”とは、旧ソ連製の「Gaz M20 Pededa」が由来となっています。

スポンサーリンク

ベースは「マスタング」なのにAMG「GT」やシボレー「カマロ」をインスパイア

今回発表された「Warszawa M20 GT」ですが、何やら様々なスタイル要素が組み込まれているとのことで、その中でもシボレー「カマロ」やメルセデスベンツAMG「GT」から引き出されたコンポーネントが多いと聞きますが、結果的なデザインを見てみるとプジョー感がとんでもなく全面的に押し出されているようにも見えますね。

リヤテールライトは確かにAMG「GT」が引き出されていますが、作りが非常にシンプルだからなのかチープ感は拭えないように思えます。
気になるパワートレインについてですが、2016年式のフォード「マスタング」がベースとなっているため、排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載します。

このモデル、フォードは一切許可を出していない!

なお、今回発表されているモデルについてフォード側は、「KHMモータポーランドとの契約は締結しておらず、フォードのブランドロゴを取り外して使用することは違法である」とコメントしており、そもそもコーチビルドモデルとして許可した記憶がないとして、KHMモータポーランドに謝罪を要求。
KHM側は、今回のコーチビルドモデルの発表を取り下げ、公式ホームページを通して謝罪すると当時に、完全お蔵入りになるとのこと。

【Warszawa M20 GT – nowe życie kultowego samochodu】

☆★☆コーチビルドモデル5選はコチラ!☆★☆

購入希望者はランボルギーニ「ガヤルド」所有が絶対条件。コーチビルドスーパーカー「C2」が遂に実写世界初公開(2018/8/27投稿)
これで出たら売れる?!イタリアのコーチビルダーがアルファロメオ・次期「4C」のレンダリングを公開(2018/6/5投稿)
やっぱり”このライト”で攻めるのね。デ・トマソ「パンテーラ」の復刻モデル「プロジェクト・パンサー」の開発車両をキャッチ(2018/8/8投稿)
これは必見!ピニンファリーナデザインの自信作6台がトリノオートショーに登場(2018/6/3投稿)
「ベンテイガ」の前に既に登場していた!ブルネイ王室特注のベントレーSUV「ドミネーター」が、若干ロールスロイス「カリナン」に似てる件(2018/5/13投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう