アウディ「R8スパイダー」フェイスリフト版の開発車両をキャッチ。デザインは一部見直され、エンジンも「ウラカン・ペルフォルマンテ」仕様に?!

「R8スパイダー」が最後のフェイスリフトに?

アウディのフェイスリフト版と思われる「R8スパイダー」の開発車両をキャッチ。
実はこの数時間前、アウディ傘下となるランボルギーニのフェイスリフト版となる「ウラカン・スパイダー」が目撃されていて、フロント・リヤデザイン、そしてインテリアまでも大きく変化してくるレベルのフェイスリフトが施されるわけですが、恐らく今回の「R8スパイダー」も、同じエンジンとプラットフォームを搭載する共通モデルとして、アウディ傘下にあたるランボルギーニとの最後の進化になるのかもしれません。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

フェイスリフトといっても「ウラカン・スパイダー」ほどではない?

今回目撃されている個体は、フェイスリフト版「ウラカン・スパイダー」同様にソフトトップルーフによってクローズ化されており、インテリアを確認することは不可能。
しかしながら、フロントエンドやサイドスカート等の一部カモフラージュされた右ハンドル仕様のテスト車両を見る限りでは、そこまで大幅なデザイン変更は施されないのかも?しれません。

フロントデザインを確認していくと、エアインテーク部分については大口化することで冷却効率を高め、更にはコーナーバンパーにも小さな三角形のダクトが設けられているも、これについてはデザイン性を高めるために装備されたダミーの可能性がありそうです。

リヤはかなりアグレッシブに

今回の開発車両で最も注目すべきポイントは、やはりそのリヤデザイン。
若干角度が付けられたエキゾーストフィニッシャーが、より大きなヴァーティカルフィンを備えるディフューザーに隣接し、楕円形に近い大口径エキゾーストパイプをインストールしています。
加えてリヤテールランプの直下にあるダクト部分は、リヤバンパーいっぱいに広げられ、より多くの冷却効果を高めるための改良になるものと推測されます。

気になるパワートレインについては、恐らく現行と変わらずの排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力610ps/最大トルク560Nmを発揮すると推測していますが、もしかするとV10Plusグレードに関しては、「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同じとなる最高出力640ps/最大トルク600Nmにチューンアップするかもしれません。

☆★☆アウディ「R8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

これがアウディ「R8スパイダー」のフェイスリフト版?それともGT?怒り顔&マフラデカ過ぎのゴリゴリ仕様に(2018/7/17投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と同じパワー?謎のアウディ「R8GT」の開発車両をキャッチ【動画有】(2018/7/11投稿)
アウディ・スポーツが「R8 V10 Plus・アウディスポーツパフォーマンスパーツ」の限定モデルを発売。限定44台、モータースポーツ技術を活かした究極の一台(2018/7/11投稿)
アウディのフェイスリフトモデル「R8GT」と思わしき開発車両が登場。V10搭載で670馬力発生か(2018/6/14投稿)
V6エンジンモデル?謎のアウディ「R8」の開発車両をキャッチ(2018/4/26投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう