フェラーリより、最新ミドシップハイブリッドモデルが12月に発表へ。「ラ・フェラーリ」よりも速いモデルに

フェラーリの次なるモデルはミドシップハイブリッドモデル!

フェラーリは先日、2018年~2022年にかけての製品ロードマップを発表したばかりで、15種類の新型車両を販売していくと説明していましたが、早速最新カテゴリ「Icona(イコーナ)」ブランドから「モンツァSP1/SP2」が登場し、今度は新型ミドシップハイブリッドスーパーカーが登場することがわかりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

発表は12月のプライベートイベントにて

この情報は、先日開催されたフェラーリ本社での「モンツァSP1/SP2」の先行発表会のときにフェラーリの上層部が語っていた内容であるとして、今回発表される個体は「非常に進歩した段階にある」とのこと。
気になるそのモデルは、今年の12月にプライベートイベントにて発表されるとのことで、来年2月には更に別のプライベード・アンヴェーリングが行われる予定で、その後の3月に開催されるであろうスイス・ジュネーブモーターショー2019年にて世界初公開という流れとなっています。

「ラ・フェラーリ」よりも速いミドシップハイブリッドに?!

そして今回上層部が語った情報源の中で最も興味深いのが、この新型ミドシップハイブリッドハイパーカーは、車体重量1,300kg以下を目指していて、「ラ・フェラーリ」よりも速いと主張していたこと。
「ラ・フェラーリ」は、車体重量1,255kgと非常に軽量でありながら、パワートレインは排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジン+HY-KERSシステムによるハイブリッドシステムにより、システム総出力963ps/最大トルク900Nm以上を発揮します。

恐らく次なるハイブリッドモデルも、この「ラ・フェラーリ」のスペックがベンチマークになると思われ、具体的には「ラ・フェラーリ」の後継となるハイパーカーなのか、それとも「Icona(イコーナ)」シリーズの第二弾として登場するのかは依然として不明なままとなっています。
更なる情報は、10月2日より開催のパリモーターショー2018にて、何かしら新情報が公表されるかもしれないので、そこに注目したいところです。

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

遂に来た。フェラーリが2019年に初のV8ハイブリッドSUVモデルを導入へ(2018/3/12投稿)
フェラーリが遂にオールEVモデルに手を付ける。ライバルはテスラ?(2018/1/19投稿)
これはさすがに…フェラーリのSUVはこうなる?という奇妙なレンダリングが公開(2018/1/3投稿)
スーパーカー/スポーツカー達をSUV風にレンダリング。ホンダ「NSX」やマクラーレン「720S」、フェラーリ「488GTB」等(2017/12/16投稿)
何かと噂の絶えないフェラーリのSUV。どうやら本当に登場する可能性が高い模様(2017/8/4投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう