BMW・次期「3シリーズ」のティーザー映像公開。高級感と先進性からBMWの本気度が伺える一台に【動画有】

再び「3シリーズ」熱を再燃させる高級志向モデル

以前より何かと注目を集めているBMWの次期「3シリーズ」ですが、この度新たなティーザー映像が公開されています。
BMW「3シリーズ」は、アメリカでの販売台数が約40%近くまで減少しており、来月開催のパリモーターショー2018にて、全く新しいモデルを導入することでその傾向を逆転させたいと考えています。

今回公開されているティーザー映像では、明確に輪郭がわかる程の独特のキドニーグリルや、通称”イカリング”と呼ばれていた丸型LEDヘッドライトから高級感を追加させたC形状へと変化し、更にはLEDデイタイムランニングライトが標準的に装備されることで、そのデザインは高級感だけでなく更なる品質を向上させています。

スポンサーリンク

BMWの本気度が伺えるダイナミックな改良

リヤドアパネルも一部公開されていますが、リヤウィンドウも2枚ではなく1枚にまとめることでスタイリッシュさを向上させ、より合理化されたボディワークと顕著なショルダーラインを採用しています。

その他に注目すべきポイントとしては、(かなり見にくいものの)外に張りだしたホイールアーチや、滑らかなテールライト(新型「Z4」に似ている)、統合されたリヤスポイラー、トランク、そして新しいドアハンドルや改良されたサイドミラー、デュアルエキゾーストシステム等、改善できるポイントは可能な限りやり尽くした感が見られますね。

なお、インテリアも大幅にデザイン変更が施される予定で、「3シリーズ」専用ともいえる最新ステアリングホイールや、ダッシュボードと統合された大型インフォテイメントシステム、「X5/8シリーズ」にて使用されるデジタル・インストルメント・クラスター、スタイリングな通気口、金属製トリムといった先進性と高級感を充実させています。

技術的な要素については、抗力係数が0.23と空力学的にもスタイリング的にも調整され、更には低重心且つ55kgの軽量化により、軽やかで安定した走りを提供します。
足回りについては、こちらも先進性を持たせた最新Mスポーツサスペンションや可変スポーツステアリングシステムを採用することで、公道やサーキットにも適したスポーティな走りを実現しているとのことです

【The 3 Series Legacy Continues】

☆★☆「3シリーズ」関連記事4選はコチラ!☆★☆

BMWの次世代モデル「3シリーズ」のティーザー画像が公開。軽量化&パワーアップ&足回り改良の最強のスポーティモデルに(2018/9/20投稿)
究極の直4モンスター・BMW「3シリーズ」の詳細解禁。55kgの軽量化、10mmの低重心化でパワーも走りも最強クラス【動画有】(2018/8/16投稿)
BMW・次期「3シリーズ・ツーリング」の開発車両を初キャッチ。「5シリーズ・ツーリング」のコンパクト版?(2018/6/27投稿)
珍しい組合わせ。BMW「Z4ロードスター」と次期「3シリーズ」、そしてトヨタ・新型「スープラ」の開発車両をまとめてキャッチ(2018/2/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう