トヨタ・新型「スープラ」のこぼれ話。当初はミドシップエンジンで検討し豊田社長に提案するも即ボツに

何かと話題性のあるトヨタ・新型「スープラ」

BMWと共同開発中でありながらも、2014年以降は一切打合せやコミュニケーションをとっていないことで、何かと話題を作り上げるトヨタ・新型「スープラ」ストーリー。
今回は、このモデルが開発する上でのちょっとしたこぼれ話をご紹介。

スポンサーリンク

本当はミドシップモデルになる予定だった?

トヨタ・新型「スープラ」は、フロントに(エントリーモデルで)直列4気筒ターボエンジンと(トップレンジモデルで)直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載するモデルとなりますが、Toyota Gazoo Racingの多田氏によれば、元々は”ミドシップ・レイアウトモデル”として検討していた時期があったことが明らかとなりました。

ミドシップ・レイアウトモデルは、あくまでも開発計画段階のときに提案されていた話ではありますが、この提案をトヨタCEOである豊田章男氏に持ちかけたところ、「確かにミドシップは、フロントマウントよりも本質的にバランスが取れていてメリットも大きい。しかしながら、トヨタはこうした感情的なエンジンをコントロールするだけの技術とノウハウを持っている。だからフロントマウントでいこう!」っと、あっさりボツにされたことを明らかにしました。

開発前から既に空回り状態だった?

トヨタ・新型「スープラ」が競合としているモデルは、ポルシェ「718ケイマン」であることを明らかにしており、そうなると「718ケイマン」の競合とも言うべきモデルがアルピーヌ「A110」となるため、この2台との真っ向勝負となるわけですが、これについて共同開発を進めていたBMWは開発前から「あっ、そうなのね…」と苦笑い。

▽▼▽関連記事▽▼▽

開発前から若干空回り状態が続いていたトヨタですが、今もなお量産モデルは公開されておらず、共同開発中のBMW「Z4」が既に先行で公開されているため、よりハードルが上がってしまっている状態ではありますが、来年にはようやく販売する流れとなっています。
一体どれだけの注目を集め、どれだけの人気を集めるのかも非常に気になるところです。

【Does the New Toyota Supra Live Up to the Hype? | PRE DRIVE】

こちらは自動車系人気ユーチューバーのShmee150氏が、トヨタ・新型「スープラ」のプロトタイプモデルを速攻試乗。
インテリアもまだまだカモフラージュされていますが、その走りは中々にハードであるとコメント。
スーパースポーツモデルには程遠い一台ではあるものの、間違いなくドライバを刺激する一台ではあるみたいです。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

「スープラ/Z4」を共同開発するトヨタとBMW。2014年以降全く交流・コミュニケーションをとっていないことが判明(2018/9/22投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のファーストレビュー動画が早速公開。意外にも辛口評価でまだまだ改善の余地アリ?【動画有】(2018/9/20投稿)
トヨタ・チーフエンジニア「新型スープラのトラック向けモデルは100kg軽い。もはや別のクルマだ」(2018/9/15投稿)
トヨタ・新型「スープラ」と日産「フェアレディZ」がニュルを走る。「スープラ」速過ぎて「フェアレディZ」が道を譲る【動画有】(2018/9/10投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のインテリアはBMW「Z4」よりも”タイト”になるとの噂。改めてインテリアデザインを確認してみよう(2018/9/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう