トヨタが新型「スープラ」に引続き「セリカ/MR2」も復活させる?「スープラ」同様にまたもや他社と共同開発との噂も

懐かしき「セリカ/MR2」が復活する?!

トヨタは現在、BMWとの共同開発にて新たな2ドアスポーツモデルとなる「スープラ」を販売する予定ですが、このモデルとは別に、トヨタが過去に販売したスポーツモデル「セリカ/MR2」も開発の視野に入れているとの情報が浮上しています。
(「セリカ/MR2」と言えば、2000年代半ばに生産が終了し、Carsalebaseのデータによれば、1985年の販売台数32,309台をピークに、生産稼働終了時には数千台レベルにまで落ち込んだことでも有名)

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

トヨタとしても「セリカ/MR2」は復活させたい!

これは、Road and Track社のBob Sorokanich氏が明らかにしたもので、新型「スープラ」の開発に携わっているアシスタントチーフエンジニアの甲斐将行 氏によれば、「セリカとMR2を復活させたい。既にその話は進んでいる」とコメント。
甲斐 氏は、「これらのモデルは市場からの最大の需要を持っている」と説明していて、その始まりのモデルとして「スープラ」の名前が挙げられ、その次なるモデルに「セリカ/MR2」も密かに準備が進められているのだとか。

もちろん、設計・デザインコンセプト等は何も明確になっておらず、どういったところにターゲットを置くべきかも決められていないものの、ざっくりとした方向性としては「セリカは四輪駆動(AWD)のクーペモデルとし、MR2はミドシップエンジンレイアウト」というところは固めている模様。

「トヨタのスポーツモデル=共同開発」が定着?

なお、こうしたスポーツモデルについては、トヨタの主要モデル「プリウス/アクア」等と共有化できないコンポーネントが多く存在するため、生産性や設計開発の点では遅れが生じたり、コストの面でどうしても苦労してしまうのだとか。
そのため、今回の新型「スープラ/Z4」のようにBMWとの共同開発を行ったり、スバルとの共同開発モデル「86/BRZ」のように、アウトソーシングを上手く活用することで共有コンポーネントの拡大とコスト削減が実現できることを学び、「セリカ/MR2」でも他社との共同開発が行われるかも?との情報も浮上しています。

☆★☆トヨタ・スポーツモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタ・新型「スープラ」のこぼれ話。当初はミドシップエンジンで検討し豊田社長に提案するも即ボツに(2018/9/22投稿)
「スープラ/Z4」を共同開発するトヨタとBMW。2014年以降全く交流・コミュニケーションをとっていないことが判明(2018/9/22投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のファーストレビュー動画が早速公開。意外にも辛口評価でまだまだ改善の余地アリ?【動画有】(2018/9/20投稿)
トヨタ・チーフエンジニア「新型スープラのトラック向けモデルは100kg軽い。もはや別のクルマだ」(2018/9/15投稿)
トヨタ・新型「スープラ」と日産「フェアレディZ」がニュルを走る。「スープラ」速過ぎて「フェアレディZ」が道を譲る【動画有】(2018/9/10投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう