マツダ「CX-5」のアップデート情報がリーク?2.5Lターボチャージャーエンジン搭載で253馬力までパワーアップするとの情報

「CX-5」に新たなパワーアップモデル「CX-5 GT」が登場?

マツダのミドルサイズSUV「CX-5」が2016年のロサンゼルスオートショーにて一部改良モデルとして登場しましたが、今回は2019年モデルとして重要なアップデートを施すことが判明しました。
Autoblogの情報によれば、アメリカの人気掲示板サイトRedditにて、投稿者が「アテンザ/Mazda6」を購入するためにカナダ・ディーラに訪問したところ、セールス担当者から「CX-5」の2019年アップデートモデルに関する文書データを開示いただき、そのデータが投稿されていたとのこと。

スポンサーリンク

具体的なスペック等をチェックしてみよう

その文書データには、「CX-5 GT」と呼ばれる新たなグレードがあり、「アテンザ/CX-9」にて搭載される排気量2.5L 直列4気筒SKYACTIV-Gターボチャージャーエンジンが採用されるとのことで、技術仕様については言及していないものの、93オクタン価燃料にて動作する場合、エンジン出力253ps/最大トルク420Nmを発揮するとのことで、これは従来搭載される「CX-5」の自然吸気エンジンモデルの最大出力189ps/最大トルク251Nmよりも大幅にパワーアップされることになります。

なお、新しく設定されるオプションとしては、Gベクタリング・コントロールプラスが追加される予定で、これは従来のGベクタリング・コントロールの改良版として登場する可能性が高そうです。
機能的な変化はいくつか施される予定ではありますが、どうやら今回の改良によって、インテリアとエクステリアの変更も示唆しているみたいで、特にインテリアは、7インチのカラーディスプレイを備えた再設計の計器クラスタを装備し、「CX-5 GT」のレンジトッピングモデルは、より良いクッション性を備えたリヤシートを装備するとのこと(要はより高品質なラグジュアリー風SUVへと進化)。

他の追加内容としては、Android AutoやApple CarPlay、最新のアルミホイール等も装備されるとのことで、実用性に加えてダイナミックさとラグジュアリーさを加味したSUVになることが期待されています。

☆★☆「CX-5」関連記事5選はコチラ!☆★☆

イギリスにて、マツダ「CX-5」が遂に登場。イギリスでは初のCVT搭載ガソリンユニットに(2018/7/27投稿)
マツダ「CX-5」に2.5Lターボモデルがラインナップ?11月には登場との噂も(2018/6/21投稿)
マツダ「CX-5」に改良モデルが登場。「CX-8」にも採用のクリーンディーゼル、福祉車両も登場(2018/2/10投稿)
マツダ「CX-5」を年次改良へ。気筒休止システム導入で燃費効率を改善(2017/11/23投稿)
まさしく車と一つになれるスポーツワゴン。マツダ「CX-5」(ディーゼルモデル)に試乗する(2017/3/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう