「GT-R」に勝利して調子づいてるホンダ「NSX」がランボルギーニ「ウラカンRWD」とドラッグレースバトル【動画有】

「NSX」の次なる獲物は?

先日、日本を代表する二大スーパースポーツモデルのホンダ「NSX」と日産「GT-R」がドラッグレースバトルを繰り広げ、かなり僅差ではありますが何とか勝利を勝ち取ったホンダ「NSX」が、今度はイタリアのスーパーカー・ランボルギーニ「ウラカンRWD」とドラッグレースバトルを実施。

直線番長とも言うべき日産「GT-R」を打ち負かした「NSX」は、今かなり調子付いているところですし、このままの勢いで次なるスーパースポーツモデルも撃破していこうと考えたのでしょう。
これはかなり注目すべきカードですね(ちなみにどちらのモデルもドラッグレースの帝王であるマクラーレン「720S」には惨敗している)。

スポンサーリンク

早速各車両のスペックを見ていこう

【ホンダ/アキュラ「NSX」】
エンジン:排気量3.5L V型6気筒ツインターボチャージャーエンジン+電動モータ
最高出力/最大トルク:581ps/686Nm
トランスミッション:9速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:3.0秒
駆動方式:四輪駆動(AWD)
車体重量(パワーウェイトレシオ比):1,780kg(3.06kg/ps)

【ランボルギーニ「ウラカンRWD」】
エンジン:排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジン
最高出力/最大トルク:580ps/540Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:3.4秒
駆動方式:後輪駆動(MR)
車体重量(パワーウェイトレシオ比):1,389kg(2.40kg/ps)

上記2モデルのスペックを確認してみると、馬力においてはほぼ同じで、ツインターボ+ハイブリッドを採用する「NSX」のほうが140Nm程トルクが上となっています。
ただ、車体重量に関しては「ウラカンRWD」の方が約400kgも軽いため、この軽さがどのように影響するかが大きなポイントになるかと思います。

結果は意外にも呆気なかった…

かなりの接戦を繰り広げるのかと思いきや…何のことは無い、やはりツインターボ特有のトルクフルな力強い加速と、ハイブリッドによる強力なアシストが影響してなのか、「ウラカンRWD」をジリジリと引き離していきます。
上手いこと車体重量分をパワーでカバーした「NSX」ですが、敢えてランボルギーニに対してパワーで勝負するところに男らしさを感じ、内に秘めたるパワーを見せてもらったような気にもなりましたね。

【2017 Acura NSX vs Lamborghini Huracan LP580-2 Drag Racing at Speed Vegas】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

究極のドラッグレースバトルに12台のスポーツカーが集結。元ニュル最速モデル「911GT2RS/ウラカン・ペルフォルマンテ」からドラッグレースの帝王「720S」まで【動画有】(2018/9/22投稿)
意外と無かった組合せ。ランボルギーニ「ウラカン」vs「ウルス」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/11投稿)
二大国産スポーツの激突。ホンダ/アキュラ「NSX」vs日産「GT-R Nismo」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/8投稿)
もはや異次元の世界。スイスにて、フェラーリ「F50」やポルシェ「カレラGT/911GT1」、マセラティ「MC12」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/5投稿)
排ガス規制完全無視の「デヴェル・シックスティ」のバトル相手は誰?謎のドラッグレース動画が公開【動画有】(2018/9/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう