あのZOZOTOWNの社長もオーダー済み。ほとんど納車していないケーニグセグ「レゲーラ」が11月よりようやく顧客のもとに納車される模様

待つこと約3年。「レゲーラ」がようやく納車準備へ

ケーニグセグ初のプラグインハイブリッドモデルで、最高出力1,500ps/最大トルク2,000Nmというとんでもないパワーを発揮する「レゲーラ」は、2014年に開発をスタートし、翌年のスイス・ジュネーブモーターショー2015にて世界初公開されました。
その後、世界限定80台のみ販売スタートするも即完売。価格帯としても約2億円を超え、納期も約3年もかかる全てがぶっ飛んだ一台となります。

スポンサーリンク

「レゲーラ」はどれだけ凄い車なの?

そんな「レゲーラ」ですが、ローンチモデルとして初回2台のみ製造されて以降、全く顧客のもとには納車されていないのですが、今年の11月よりようやく続々と納車されることがわかりました。

「レゲーラ」の納車前テストトラックは4台を除いて未だ実施されていないとのことですが、10月の半ばあたりからAngelholm工場付近の公道にてテストドライブが続々と行われる予定です。
「レゲーラ」のパワートレインは、排気量5.0L V型8気筒ツインターボエンジン+3基の電動モータを組合わせることで、システム総出力1,500psを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.6秒、0-400km/hの加速時間が約20秒と、0-400-0km/hの世界最速記録を持つ「アゲーラRS」よりも優れた加速性能を持つため、必然的にブガッティ「シロン」よりも圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

既に納車している2台ってどんな個体?

ちなみに、最初の2台が納車されたオーナーは、アメリカ人オーナーの@Dan_am_i氏で、彼は「アゲーラRS」の最終モデルとなる「アゲーラFE Thor」のオーナーとしてもお馴染み。

もう一つは、”レゲーラ・マリン”と呼ばれるオールグリーンカーボンのボディカラーを持ち、最近ではジェイ・レノガレージにも出演した一台。
今後は、まず4台の「レゲーラ」がAngelholm工場にて待機し、出荷準備を進めているとのことですが、更にもう20台が生産の準備に取り掛かっているとのことで、来年の始め頃には20台全てが納車を完了させる形となっています。

なお、「レゲーラ」をオーダーしている日本人として、ZOZOTOWNのCEOを務める前澤友作 氏もその一人ですが、彼に対してはどのタイミングで「レゲーラ」が納車されるかは不明とのことです。

☆★☆「レゲーラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

これ何ぞ?カーボンボディ&リヤバンパーむき出しのケーニグセグ「レゲーラ」がガソリンスタンドに登場(2018/7/30投稿)
世界限定80台&グリーンカーボンのケーニグセグ「レゲーラ」が登場。オシャレな「ラ・フェラーリ」も(2018/7/8投稿)
ケーニグセグの次期ハイパーカー・レンダリングが公開。エンジンはやっぱり「レゲーラ」譲りのPHV?(2018/6/29投稿)
ケーニグセグがブガッティ「シロン」風のユニークな「レゲーラ」他を公開(2018/3/6投稿)
約3億円のケーニグセグ「レゲーラ」がボッコボコにされるクラッシュテスト動画が公開に【動画有】(2017/12/28投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう