BMW・次期「3シリーズ」のティーザー画像が3枚も追加。上位グレード「M340i」には直6ターボチャージャー&360馬力を発揮

次期「3シリーズ」のティーザー画像が続々と公開

いよいよ来週の10月2日より開催されるパリモーターショー2018にて、BMWの次期「3シリーズ」が世界初公開されますが、この個体に関して新たに3つのティーザー画像が追加公開されました。

スポンサーリンク

「M340i」には直6エンジン搭載で360馬力発揮

今回公開されているティーザー画像より、フロントフェンダー付近に”Mパフォーマンス”を示すバッジが貼付されていることから、最上位グレードの「M340i」であることが確認できます。
足元のホイールには、ダブル5スポークの軽量アルミホイールを装着し、ブレーキキャリパはいかにもスポーティなブルーカラーを採用しています。
気になる「M340i」のパワートレインには、排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力360hp/最大トルク501Nmを発揮するとのこと。

駆動方式は標準が後輪駆動(FR)で、トランスミッションは8速ATを搭載しますが、四輪駆動モデルの「M340i xDrive」もラインナップ予定となっています。

インテリアも中々に高品質

インテリアもチラッとだけ公開されていますが、内ドア付近や2スポーク式のステアリングホイール周りには金属パーツを採用することで高級感を演出。
非常に一部の範囲でしか確認することはできませんが、ステアリング後ろにはパドルシフトが装備されていることが確認できます。

その他には、ダッシュボードと統合された大型インフォテイメントシステム、「X5/8シリーズ」にて使用されるデジタル・インストルメント・クラスター、スタイリングな通気口、金属製トリムといった先進性と高級感を充実させています。

次期「3シリーズ」は、今回公開されている「M340i」以外にも様々なモデルがラインナップ予定で、エントリーグレードには、排気量1.5L 直列3気筒ディーゼルエンジンとガソリンエンジンがラインナップ予定となっています。
更には、同じ排気量1.5Lと2.0Lエンジンに電気モータを組合わせたPHV(プラグインハイブリッド)モデルもラインナップされるとの噂も浮上しています。

☆★☆「3シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

BMW・次期「3シリーズ」のティーザー映像公開。高級感と先進性からBMWの本気度が伺える一台に【動画有】(2018/9/22投稿)
BMWの次世代モデル「3シリーズ」のティーザー画像が公開。軽量化&パワーアップ&足回り改良の最強のスポーティモデルに(2018/9/20投稿)
究極の直4モンスター・BMW「3シリーズ」の詳細解禁。55kgの軽量化、10mmの低重心化でパワーも走りも最強クラス【動画有】(2018/8/16投稿)
BMW・次期「3シリーズ・ツーリング」の開発車両を初キャッチ。「5シリーズ・ツーリング」のコンパクト版?(2018/6/27投稿)
珍しい組合わせ。BMW「Z4ロードスター」と次期「3シリーズ」、そしてトヨタ・新型「スープラ」の開発車両をまとめてキャッチ(2018/2/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう