ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」が遂に「P1」とバトル。「720S」がハンディを与えてる?【動画有】

遂に待ち望んだ夢のドラッグレースバトルが!

未だドラッグレースバトルにて負けなしの帝王・マクラーレン「720S」が、遂に同社トップモデルとなるハイブリッドハイパーカー「P1」と直接バトルを実施。
「720S」といえば、以前に1,500psを発揮するブガッティ「シロン」や、同世代のハイブリッドハイパーカー・ポルシェ「918スパイダー」をも撃破した本物の直線番長。

毎年行われるドラッグレース8でも、ポルシェ「911GT2RS」やランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」等の最新スーパースポーツモデルを引き離す圧倒的な強さを持っていますが、今回のバトル相手となる「P1」はこれまでで最強の一台と言っても良いのではないかと思いますね。

スポンサーリンク

早速各モデルのスペックを確認してみよう

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:720ps/770Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
車体重量(パワーウェイトレシオ):1,322kg(1.84kg/ps)

【マクラーレン「P1」】
エンジン:排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジン+電気モータ
システム総出力/最大トルク:916ps/900Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション(SSG)
車体重量(パワーウェイトレシオ):1,395kg(1.52kg/ps)

スペックはやはりV8ツインターボエンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドモデルの「P1」が圧倒的有利。
車体重量は「P1」の方が約70kg重いですが、その重さをカバーできるだけのパワーを持っているため、明らかに不利な状況であることは確かですね。
このような状況にて、帝王はどのように立ち向かうのでしょうか?

明らかにハンディ与えてる?何か「720S」の様子おかしくない?

いざドラッグレースがスタートしてみると、明らかに不自然に感じるのは「720S」が完全にスタートダッシュに乗り遅れているということ。
最初は「たまたまなのかな?」と思っていましたが、「P1」のあとのフェラーリ「F12tdf」やメルセデスベンツAMG「GT R」とのバトルでも同様に、「720S」が意図的にスタートダッシュを遅らせて走らせていることがわかります。

一体どのような目的でスタートダッシュを遅らせたのか、ハンディキャップ方式で有れば、なぜ「P1」にまで与える必要性があったのか、かなり疑問に残るドラッグレースではありますが、最初に行われた「P1」とのドラッグレースでは、少し遅れ気味でのバトルでもしっかりと張りついて差を広げない加速力を発揮していました。
もしかすると…帝王は「P1」を撃破できるだけの隠れたパワーを備えているのかもしれません。

【DRAG RACE Mclaren 720S vs Mclaren P1 & other supercars!】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

アカン…帝王速過ぎる。マクラーレン「720S」とニュルの王者・ポルシェ「911GT2RS」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/25投稿)
マクラーレン「720S」は「マクラーレン・セナ」よりも0-100km/h加速時間が速かったことが判明【動画有】(2018/9/25投稿)
「GT-R」に勝利して調子づいてるホンダ「NSX」がランボルギーニ「ウラカンRWD」とドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/24投稿)
究極のドラッグレースバトルに12台のスポーツカーが集結。元ニュル最速モデル「911GT2RS/ウラカン・ペルフォルマンテ」からドラッグレースの帝王「720S」まで【動画有】(2018/9/22投稿)
意外と無かった組合せ。ランボルギーニ「ウラカン」vs「ウルス」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/11投稿)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう