トヨタの大型SUV「4ランナー」に特別仕様モデル”ナイトシェイド・スペシャルエディション”が登場。今年のトレンドはブラックアウトらしい

「4ランナー」に特別仕様車が登場

北米トヨタが、同社の大型SUVモデル「4ランナー(日本名:ハイラックスサーフ)」の新しい特別仕様モデル”ナイトシェイド・スペシャルエディション”と、「タコマ/タンドラ」専用SXパッケージも併せて発表することがわかりました。

スポンサーリンク

とにかくブラック一筋の男前仕様

今回発表される「4ランナー・ナイトシェイド・スペシャルエディション」は、外観については比較的軽微な変更ではありますが、ブラックのクロムグリルやクロムエキゾースト、20インチのブラックアルミホイール、そしてブラックアウト化したミラーやドアハンドル、ウィンドウフレーム等、とにかくブラックの一色にて固めた引き締まりの強いモデルとなります。

インテリアについては、ステアリングホイールやセンターコンソール、ドアパネルもブラック化され、インストルパネル関連もブラック一色。とことんまでブラックにこだわったモデルも中々に珍しいですが、こういった統一性を持たせるところはトヨタの強みなのかもしれません。

なお、今回の特別仕様では、シートヒータ&シートベンチレーションやムーンルーフ、JBLプレミアムオーディオシステムも標準装備されます。

パワートレインは、現行の「4ランナー」同様に排気量4.0L V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力273ps/最大トルク376Nmを発揮します。
価格帯としては、約495万円と意外にもリーズナブル。
元々市販化されている「4ランナー」が約475万円なので、かなりお得なモデルだと思われます。

「タコマ/タンドラ」にも特別オプションが登場

なお、「4ランナー」以外のモデルとして「タコマSR」専用のSXパッケージも併せて発表。
これについては、約60,000円の追加費用にてグリルやドアハンドル、ミラーキャップをブラックアウト化し、着色のヘッドライトやブラックバッジ、16インチマットブラックホイールが装備されます。

最後の「タンドラSR5ダブルキャブ」においても、SXパッケージが設定され、これについてはより快適なフロントシートやブラック仕上げの18インチ合金ホイールが装備された軽微なパッケージングとなります。因みに追加費用は約180,000円となります。

☆★☆トヨタSUV関連記事5選はコチラ!☆★☆

これでハイブリッドなんです。トヨタ渾身のSUV「FT-ACコンセプト」がLAオートショーにて公開へ(2017/12/2投稿)
トヨタがまたも新たなモデル「Tjクルーザー・コンセプト」を発表。SUV&バンを組合わせた伝統モデル(2017/10/7投稿)
トヨタ「ハリアー」に特別仕様モデル”ブルーイッシュ”が登場。ブルー&ブラックで決まったスタイリッシュデザインで価格は381万円から(2018/9/5投稿)
トヨタ「ランドクルーザー」に新グレード”GXR”が登場か。レクサス「LX570」には過激なブラック・エディションSも(2018/8/7投稿)
えっ、そうなの?トヨタ「C-HR」のエアコン・フィルタのろ過率が僅か1%で超絶危険であることが発覚(2018/7/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう