帝王が最も苦しんだドラッグレースバトル。マクラーレン「720S」と1,000馬力にチューニングした「フォードGT」がバトル。現行「フォードGT」も登場【動画有】

帝王にとっては最強の刺客が登場

ドラッグレースにて、未だ負けなしとなる無敵の帝王・マクラーレン「720S」。
おそらくノーマルモデル(改造やチューニング一切無し)でこの個体に勝てるモデルはそう簡単には登場しないんじゃないかな?といえる程に最強のスペックを持ちますが、今回はチートレベルにチューニングアップされた初代「フォードGT」とドラッグレースバトルを実施。

例えどんな敵であろうとも、いとも簡単に勝利してきた帝王ですが、今回は一体どんなバトルを繰り広げるのでしょうか?

スポンサーリンク

早速各モデルをスペックを確認してみよう

【「フォードGT」Heffner Twin Turbo GT1000】
エンジン:排気量5.4L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:1,000ps/-Nm
トランスミッション:6速マニュアルトランスミッション
車体重量(パワーウェイトレシオ):1,565kg(1.57kg/ps)

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:720ps/770Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
車体重量(パワーウェイトレシオ):1,322kg(1.84kg/ps)

今回登場した「フォードGT」は、初代モデルでありながらも、海外の有名チューナでお馴染みのHeffner Performanc and Wheels Boutiqueによってチューニングされ、足回りなども大幅に改良。
エンジンもツインターボ化し、最高出力は1,000psとチートレベルのチューニングが施されていますが、これに対してドノーマル仕様の帝王「720S」がどのように立ち向かうのでしょうか?

勝負はローリング・スタート方式。想像以上の接戦に

今回のドラッグレースバトルは、停車状態からのスタートではなく、一定速から一気にフルスロットルにて加速していくローリング・スタート方式。
マニュアルトランスミッションを搭載する「フォードGT」に対してのハンディキャップ方式となりますが、それでもとんでもないトルクフルでパワフルな走りと加速を見せる「フォードGT」。
一瞬だけ頭が突き出た状態となりますが、ここで全く差を広げず、むしろ差を縮めてくるのが帝王の驚異的な伸びのある加速。
ゴールに近づくにつれ、「720S」がその差を縮めていくのですが、一回目のバトルは全く誤差の無いほぼ同着レベルとなりました。

二戦目は負けない…あれっ?

しかし、二回目のローリング・レースバトルでは、「フォードGT」が加速中に水温の関係でトラブルが発生し牽引力を失うことに。
その結果、この二台が二回目のバトルを繰り広げることはありませんでしたが、どんなにチューニングアップしても簡単に勝てないのが帝王となります。

それにしても、帝王「720S」に対して1,000psを発揮するモンスターカーでも勝つことができないのですね…一体この個体を打ち負かすモデルは現れるのか…まだまだこれからも新たな挑戦者が帝王を苦しめることになるでしょう。

【1,000 HP Ford GT Twin Turbo vs McLaren 720S Roll Racing】

こちらは現行モデルでドノーマル仕様の「フォードGT」と帝王・マクラーレン「720S」のドラッグレースバトル動画となります。
圧倒的な加速力と伸びで、「フォードGT」を圧倒しています。

【2018 Ford GT vs McLaren 720S 1/4 Mile Roll Racing】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」が遂に「P1」とバトル。「720S」がハンディを与えてる?【動画有】(2018/9/27投稿)
アカン…帝王速過ぎる。マクラーレン「720S」とニュルの王者・ポルシェ「911GT2RS」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/25投稿)
マクラーレン「720S」は「マクラーレン・セナ」よりも0-100km/h加速時間が速かったことが判明【動画有】(2018/9/25投稿)
「GT-R」に勝利して調子づいてるホンダ「NSX」がランボルギーニ「ウラカンRWD」とドラッグレースバトル【動画有】(2018/9/24投稿)
究極のドラッグレースバトルに12台のスポーツカーが集結。元ニュル最速モデル「911GT2RS/ウラカン・ペルフォルマンテ」からドラッグレースの帝王「720S」まで【動画有】(2018/9/22投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう