最速記録はどちらが更新する?ヘネシー「ヴェノムF5」とSSC「トゥアタラ」を改めて比較してみよう

いずれもアメ車。パワー頼みの因縁バトル

アメリカ・テキサス州に拠点を置く、全米で最も有名なチューナであるヘネシー・パフォーマンスの「ヴェノムF5」。
この個体は現在、ヘネシーのCFDテストによって最高時速500kmにまで到達するための過酷な試験を実施しているわけですが、「ヴェノムF5」を窮地に追い込もうとしているのが、同じアメリカ・ワシントンに拠点を置くウェストリッチランドのSSC「トゥアタラ」となります。

これらのモデルが、一体どれだけのパワーを持ち、両モデル比較してどれだけ差があるのかを確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

早速各モデルの仕様を確認してみよう

【ヘネシー「ヴェノムF5」仕様】
エンジン:排気量7.6L V型8気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:1,600hp/1,762Nm
車体重量:1,338kg
抗力係数:0.33
目標最高時速:500km/h
生産台数/価格:24台/約1.76億円

【SSC「トゥアタラ」仕様】
エンジン:排気量5.9L V型8気筒ツインターボチャージャーエンジン
最高出力/最大トルク:1,750hp/-Nm
車体重量:1,279kg
抗力係数:0.279
目標最高時速:483km/h
生産台数/価格:100台/不明

いずれも前世代にて最速記録を更新していた

両モデル共に一歩も引けを取らいぶっ飛んだスペックではありますが、やはりSSC「トゥアタラ」が性能面では少し上を行きますね。
なお、これらを製造するメーカたちは、以前にも量産車として最速記録を持つ前世代モデルを開発しており、ヘネシーは「ヴェノムGT」を開発し、2014年にブガッティ「ヴェイロン」の423km/hを見事に更新しました。
一方のSSCは、2010年に「アルティメット・エアロ」を発表し、「ヴェイロン」が記録を樹立する更に前の2007年に412km/hを記録していました。

今回、これらのモデルの大きな課題は、目標値に対してどこまでのスピードを出すことができるか?というところですが、そのスピードを出すために必要な場所とタイヤが最も肝になると思われ、これらの条件を改めてクリアした上で、いつ頃記録更新の挑戦が行われるのかとても気になるところです。

☆★☆「ヴェノムF5」関連記事5選はコチラ!☆★☆

ヘネシー「ヴェノムF5」が目標の最高速を500km/hにシフトアップ。そもそもそんなスピードで走れる場所があるの?(2018/9/27投稿)
ヘネシー「ヴェノムF5」は2,000馬力以上発生可能で既にテスト済み。実はこのスペックを持つ”別の”化け物が2011年に登場していた件(2018/9/5投稿)
ヘネシー「ヴェノムF5」の1,600馬力&7.6Lの大排気量エンジン公開。これでケーニグセグ「アゲーラRS」を上回る(2018/8/26投稿)
ヘネシーの最新モデル「ヴェノムF5」が8月末に登場。知られざる”特殊な側面”も確認可能に?(2018/8/4投稿)
ヘネシー「ヴェノムF5」が一度諦めた最高時速483km/h可否を来年初めに検証する模様(2018/5/17投稿)

☆★☆「トゥアタラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

SSC「トゥアタラ」はヘネシー「ヴェノムF5」と同じく最高時速482kmまで到達可能。内装はランボルギーニ風?(2018/9/8投稿)
SSC「トゥアタラ」が遂に世界初公開。レッドラインは8,800rpm、最高出力は驚異の1,750馬力を発揮【動画有】(2018/8/26投稿)
SSCの強力&肉体的なエンジンが遂に公開。とりあえず1,000馬力は余裕で超えるっぽい(2018/8/19投稿)
SSCが”世界最高速”を主張する「トゥアタラ」をモントレーにて発表へ。比類なき抗力係数、トラックレベルのハンドリング性能を提供(2018/8/11投稿)
これは一体?シェルビー・スーパーカーズが1,000馬力超えのハイパーカー「トゥアタラ」後継を発表か(2018/1/3投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう