BMW「Z4」のシューティングブレーク風、過激カスタムしたランボルギーニ「ミウラ」が登場したら?というレンダリングが公開に

シューティングブレーク風の「Z4」ってどうよ?

10月2日より開催されるパリモーターショー2018にて、BMWの2ドアオープンスポーツモデル「Z4ロードスター」が登場しますが、この個体をシューティングブレーク風にしたら?というレンダリングが公開されています(作成者はデジタルアーティストのRain Prisk氏)。

今回公開されているレンダリングは、BMWが1998年から2002年までに生産された「Z3クーペ」をベースにしたスタイリングで、プラットフォームやインテリアパーツ、ボディパネルは「Z3ロードスター」をからの流用となっています(トヨタ「スープラ」と共用するプラットフォームとは別)。

ただ、リヤデザインのテールランプはかなり”ボルボ感”が強調されていて、個人的には新型「Z4ロードスター」のL字型のシームレステールランプを採用してほしかったところですね。
パワートレインは、新型「Z4ロードスター」のトップレンジモデルとなる「Z4 M40i」と同じ排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力340psを発揮。0-100km/hの加速時間は4.5秒にて到達します。

スポンサーリンク

「ミウラ」のカスタムモデルもどうよ?

こちらはランボルギーニ「ミウラ」を過激カスタムし、中国の繁華街にて走行させたら?という謎のレンダリングが公開されています。
この個体は、「イオタ」のレーシング風?をイメージしたレンダリングとのことで、ワイドボディキットに加えて、「アヴェンタドールSVJ」よりもアグレッシブさが向上したフロントスプリッターが装着されています。

そのあまりにも低すぎる外観は、日本を代表するチューナーのリバティーウォーク(LB Performance)がカスタムした「レプリカ・ミウラ(中身はフォードGT40のレプリカ)」と同等レベルといったところでしょうか。とりあえずこの個体で街中を走行するには、かなり気を遣いそうな車ですね。

☆★☆最新レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

フェラーリ初のSUVモデル「Prosangue(プロサングエ)」のレンダリングが公開。スタイリング「812スーパーファスト」をジャッキアップした感じ?(2018/9/27投稿)
あなたはどの色が好み?ほぼ市販化レベルとなるクールなトヨタ「スープラ」の完成イメージ・レンダリングが公開(2018/9/26投稿)
【レンダリング】マクラーレン「720S」をハイパーカー風にしてみた。フロントはなぜかランボルギーニ風、ナンバープレートはなぜか”なにわ”の仮ナンバー?!(2018/9/24投稿)
【レンダリング】ブガッティ「ディーヴォ」をシューティングブレーク風にしてみたら?とりあえずW16エンジンはどうやって搭載する?(2018/9/24投稿)
【レンダリング】あなたはどれが好み?ブガッティ「ディーヴォ」を様々なカラーでデザインしてみた(2018/9/22投稿)

Reference:CARSCOOPS, autoeolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう