マクラーレンがやっちゃった!オープンモデルとなる「720Sスパイダー」の特許画像がまさかのリーク

「720Sスパイダー」の特許画像がまさかのリーク

以前、マクラーレン・スーパーシリーズ「720S」のオープンモデルとなる「720Sスパイダー」が、今年10月に発表されるかも?との情報が展開されていましたが、今回リークされた特許画像によってその信ぴょう性が一気に高くなりました。

この特許画像を公開したのは、オランダの自動車系ニュースサイト・Autovisieで、「720Sスパイダー」の全体的なデザイン画像が公開され、トップルーフがオープン状態になったときと、クローズ状態になったときの画像もしっかりと公開されていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

オープンスタイルはこれまでとは違うスピードスター風

早速オープン・クローズの特許画像を確認していくと、そのスタイリングは「570Sスパイダー/650Sスパイダー」とは異なり、ヘッドレスト後ろにあるバットレスも省かれていることが確認でき、若干スピードスター風に。

こちらはリヤデザイン。
リヤから見ると、エンジンフード辺りがフラットに近い形となり、リヤクラムシェルをロールオーバーフープに掛けるようにしているのが見えますね。
改めて見ると、オープン状態のスタイリングはアウディ「R8スパイダー」に近い感じです。

オープンタイプを比較してみよう

上が「570Sスパイダー」と「R8スパイダー」のルーフオープン状態となりますが、今回の「720Sスパイダー」が「R8スパイダー」に近いことがわかります。

なお、ルーフラインやウィンドウ、フロント・リヤヘッドライト、リヤディフューザー、ホイール、インテリアを示す点線部分はクーペと共通デザインとなっていますね。
気になるパワートレインについても、クーペ同様に排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720ps/最大トルク770Nmを発揮する可能性が圧倒的に高いですが、車体重量はクーペに比べて重くなることが大いに考えられるため、0-100km/hの加速時間は2.8秒→2.9~3.0秒に延びると思われます。

☆★☆「720S」関連記事5選はコチラ!☆★☆

MSOより、”トラック”と”太平洋”をテーマにした2種類の特別なマクラーレン「720S」が登場(2018/8/15投稿)
ガムボール3000に参戦していたマクラーレン「720S」。ユニオンジャックフラッグデザインで美しい仕上がりに(2018/8/11投稿)
ロケット科学者がマクラーレン「720S」の速さの秘密を解明。「やっぱ空力特性はずば抜けてますわ」【動画有】(2018/8/8投稿)
希少なマクラーレンのカスタムモデル「720S・ヴェロシティ」が目撃に。色合いだけを見ると「アヴェンタドール」の日本限定モデル”火”にも似てる?(2018/7/31投稿)
ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」vs「675LT」が久々ドラッグレースバトル→帝王強すぎて話にならん【動画有】(2018/8/10投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう