ポルシェのEVモデル「テイカン」が徐々に偽装なしの状態にて登場。ダミーマフラとはいえ、ちょっと不格好では…?

テイカンのリヤデザインはそのまま採用?

ポルシェのオールエレクトリックモデル「テイカン」の開発車両がアメリカにてテスト走行を実施中。

過去に何度か目撃されている開発車両ですが、徐々に偽装なしの(特にテーピングを剥がした)状態にて登場していて、更には「テイカン」のトップルーフはダブルバブルルーフになる可能性が高いことが伺えますね。
個人的に一番気になっていた、リヤの偽クワッドテールパイプですが、これは省略されることなくダミーのまま装着されるかもしれません(ん~ぶっちゃけチープ感丸だしで不格好に見えるので省略してほしい…)。

スポンサーリンク

ホイールももしかするとこのまま市販化の可能性も

その他には、足元のアルミホイールのデザインが何とも特徴的で、気流を改善して「テイカン」の航続可能距離を向上させることが目的かと思いますが、これについてはどこまで走行距離がアップするかは不明。

なお、「テイカン」のパワートレインについてですが、2基の電動モータを搭載し、システム総出力は600psを発揮することが予想されています。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.5秒未満、0-200km/hの加速時間が12秒未満とトルクフルな走りを見せてくれること間違いなしで、航続可能距離も500km以上走行可能であるとポルシェは説明しています。

☆★☆ポルシェ「テイカン」の関連記事はコチラ!☆★☆

ポルシェの最新EV「テイカン」がニュルにてテスト走行実施。「本当にポルシェ?」といわんばかりの静けさだ【動画有】(2018/8/21投稿)
ポルシェがリマックの株式10%を買収。新型EV「テイカン」の技術支援か(2018/6/21投稿)
ポルシェ「ミッションE」の名前は「Taycan(テイカン)」に決定。600馬力以上・航続距離は500km以上に【動画有】(2018/6/9投稿)
実はポルシェと共同開発していた。ル・マンレース覇者のマーク・ウェバー氏がポルシェ「ミッションE」をレビュー【動画有】(2018/5/20投稿)
ポルシェの新型EVモデル「ミッションE」がチラッと公開。600馬力以上発揮は確実か?(2018/3/24投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう