ビバリーヒルズにて、ぶっ飛んだアズキカラーのブガッティ「シロン」が登場。もちろんボディはカーボン素材フル活用

何とも珍しい小豆カラーの「シロン」登場

アメリカ・ビバリーヒルズにて、世界限定500台のみ販売されているブガッティ「シロン」が登場。
こちらの個体、ボディには今まで見たことの無いような小豆風カラーのカーボンパネルを採用していて、足元のホイールにも小豆カラーがペイントされていることが確認できますね。

スポンサーリンク

意外と小豆カラーも人気?

最初この個体を見たとき、「あぁ~カナダ人実業家のMr.Timのシロンだぁ」と思い込んでいましたが、よ~く見てみるとフロントエンドの馬蹄グリル周りのフレームやエアインテーク部のフラットパーツ、そしてドアサイドのC形状のピラーフレームがブラック仕上げ(厳密にはカーボンブラック)になっていることから、同一人物ではないことが明らかに。

ちなみにこちらがMr.Timのブガッティ「シロン」。
同じ小豆風カラーですが、細かいフレーム部分やアルミホイールのデザイン等を見てみると、全くデザインが異なることがわかりますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

リヤデザインはこんな感じ。
相変わらず車とは思えぬほどにぶっ飛んだデザイン。
その隣にはド派手なカラーのポルシェ「918スパイダー」が駐車していますが、こちらの個体も「シロン」オーナーの所有している車両みたいですね(あぁ~羨ましい)。

リヤエンジンフード周りはこんな感じ。
ブラックのカーボンファイバ製エンジンカバーと小豆カラーに着色されたツートン仕上げが何ともオシャレ。
ちなみに、パワートレインは排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮します。

この小豆カラー…どこかで見た記憶が…

改めてこの個体を見て、真っ先に感じた方もいらっしゃるかと思いますが、日本に唯一納車された世界限定40台(クーペ20台・ロードスター20台)のランボルギーニ「チェンテナリオ・クーペ」も、この小豆カラーに近いんですよね。

真ん中の個体が小豆カラーのランボルギーニ「チェンテナリオ・クーペ」。
厳密にはちょっと配色がことなるかもしれませんが、こちらも相当な費用がかけられた小豆風カーボンファイバパネルを採用しています。

☆★☆ブガッティ「シロン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

人気ユーチューバー・おつぽんさんがブガッティ「シロン」に乗る。世界で30人しか入会していない「400キロクラブ」の内容・年会費も明らかに【動画有】(2018/7/15投稿)
ZOZOTOWN前澤氏のブガッティ「シロン」が改めて公開。両サイドには何やら高価そうな車両も【動画有】(2018/6/26投稿)
遂に日本にブガッティ「シロン」が到着。オーナーは「ヴェイロン」「アゲーラ」も所有、5月末には熊本にて出展へ(2018/1/16投稿)
ガムボール3000(GUMBALL3000)おまけ情報。コンラッド大阪の地下駐車場の様子を公開【動画有】(2018/8/9投稿)
これまた珍しい。ブラウン&ゴールドのブガッティ「シロン」が目撃される【動画有】(2018/1/28投稿)

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう