トヨタ・新型「スープラ」が1月にデトロイトモーターショー2019にて正式公開。既に事前予約も受付済み【動画有】

遂に「スープラ」が来年に登場。事前予約も受付け中

BMWと共同開発中のトヨタ・新型「スープラ」ですが、この個体の量産版が遂に来年1月開催のデトロイトモーターショー2019にて、正式に世界初公開されることがわかり、加えて欧州から順に既に事前予約を受け付けていることがわかりました。

スポンサーリンク

よくよく考えてみるとかなりスペック高いぞコイツ!

新型「スープラ」は、BMW「Z4」と共通のプラットフォームを採用しているため、ホイールベースや全幅、燃料タンク、Aピラーの位置など、様々なポイントが共通化されています。
それ以外においては、トヨタ独自の技術を活かした特別なスタイリングを持ち、美しい流線形を描くクーペボディとなります。
この個体は、トヨタの2ドアクーペモデル「86」よりも短いホイールベースを持ち、レクサス「LFA」と同等の剛性を持っていることも明らかになっていますね。

パワートレインについては、BMWより供給される排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンと、排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンがラインナップされる予定で、トランスミッションにはZFオートギアボックスが搭載される予定です。
車体の前後重量配分は、50:50とマツダ「ロードスター」と同じで均等化され、車体重量は1,496kgになるとのこと。

なお、価格帯については未だ正式な回答はありませんが、トップレンジモデルで約700万円にも上るとのことなので、エントリーモデルともなれば最低でも約500万円ぐらいからの販売になるかもしれませんね。

☆★☆新型「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

あなたはどの色が好み?ほぼ市販化レベルとなるクールなトヨタ「スープラ」の完成イメージ・レンダリングが公開(2018/9/26投稿)
トヨタ幹部「新型スープラにはマニュアル(MT)の可能性がある。もしかしたらロードスターも…」→当初と言ってることがめちゃくちゃに(2018/9/24投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のこぼれ話。当初はミドシップエンジンで検討し豊田社長に提案するも即ボツに(2018/9/22投稿)
「スープラ/Z4」を共同開発するトヨタとBMW。2014年以降全く交流・コミュニケーションをとっていないことが判明(2018/9/22投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のファーストレビュー動画が早速公開。意外にも辛口評価でまだまだ改善の余地アリ?【動画有】(2018/9/20投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう