ポルシェのマイナーチェンジモデル「マカン」に2.0L直4ターボエンジンをラインナップ。最高出力は245馬力を発生

最も控え目な「マカン」がパリデビュー

先日より開催中のパリモーターショー2018にて、ポルシェのエントリーコンパクトSUV「マカン」に、最もリーズナブルで最もパワーを抑えたエントリーグレードがラインナップ。

最もパワーを抑えた「マカン」のパワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力245ps/最大トルク370Nmを発揮。
トランスミッションは7速PDKデュアルクラッチトランスミッションを組合わせることで、0-100km/hの加速時間はかなり速めの6.7秒、最高時速は225km/hにまで到達します。

スポンサーリンク

ただ単純にダウンサイジング化したわけではない!

今回搭載されているエンジンは、改良された燃焼室形状とガソリンパティキュレートフィルタを備えており、NEDCによれば、高いパワーを維持しながらも12.35km/Lの低燃費を実現しました。

外観においては、リヤデザインに新しいLEDストリップ式テールランプを採用し、フロントのLEDヘッドライトは標準装備され、有償オプションにてポルシェ・ダイナミック・ライト・システム+(PDLS Plus)アダプティブヘッドライトも設定可能となります。

高品質タイヤ&多色のボディカラーも充実

足元には、18インチ~21インチのアルミホイールを選択することが可能で、パフォーマンス性と横Gからのダイナミクス向上を目的として開発された混合サイズのタイヤが装着されます。

ボディカラーは、マンバ・グリーン・メタリックやドロマイト・シルバー・メタリック、マイアミ・ブルー、クレヨンといった4種類の新色もラインナップされます(個人的にクレヨンがラインアップされたのは驚き)。

インテリアについては、10.9インチのタッチスクリーンを備えた新しいPCMインフォテイメントシステムを採用し、オプションにてエアイオナイザや、ヒーター付フロントガラス、アダプティブクルーズコントロールを使用した新たな交通アシストシステムにインスパイアされるGTスポーツステアリングも設定が可能となります。
なお、この最新モデルの「マカン」は、車両本体価格は約750万円からとなります。

【Porsche Macan restyling 2019 | Stop diesel, ecco il 2.0 benzina da 242 CV [ENGLISH SUB]】

【2019 Porsche Macan SUV Spirited Driving & Walkaround】

☆★☆ポルシェ「マカン」関連記事4選はコチラ!☆★☆

ポルシェ・新型「マカン」が遂に発表。「パナメーラ」ルックでボディカラーも多数、ディーゼルモデルは完全切り捨てに(2018/7/26投稿)
2019年モデル・ポルシェ「マカン」の追加情報。「カイエン」にも搭載の安全機能が標準装備される?(2018/6/13投稿)
2019年モデル・ポルシェ「マカン」のフェイスリフト版はコレだ!エンジンは3.0L→2.9Lと3.6L→3.0Lにダウンサイジング化(2018/5/5投稿)
ポルシェ「マカン/カイエン」のディーゼルモデルが6万台以上の大規模リコール。予想通り排出ガスに問題有り(2018/5/21投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう