BMWの主戦力を侮るな!2019年モデル・新型「X5」がパリデビュー、何とこれまで220万台以上も販売してきた模様

これまた売れそうな新型「X5」がパリデビュー

昨日より開催中のパリモーターショー2018にて、BMWのミドルサイズSUVで、同社主要モデルの一つともいえる2019年モデルの新型「X5」が遂にデビューしました。
今回発表された個体は、2000年に販売スタートしてから第四世代目に突入し、度重なる改良とブラッシュアップにより、大型でラグジュアリーなミドルサイズSUVとして登場しています。

スポンサーリンク

ブラックアクセントを大きく主張したスポーツデザイン

早速フロントデザインから確認していくと、真っ先に注目したいのが大口化されたキドニーグリル。
丸っこさは無くなったものの、そのカクカクした形状とブラックアウト風のメッキ仕上げが高級感を演出しています。
フロントアンダー部分には、ブラックを更に強調させるためにエアインテークの面積拡大とブラックパーツを追加しています。

フロントヘッドライトについても、LEDデイタイムランニングライトがキドニーグリルのような角を付けたような形状になっていて、非常にアグレッシブですね。

リヤテールランプは独特のデザイン言語を採用

リヤデザインはこんな感じ。
これまで新型「3シリーズ/Z4/8シリーズ/X4」とレクサスのようなL字型のシームレスタイプのリヤテールランプを採用してきましたが、「X5」に関しては全く異なるデザイン言語を採用してきましたね。

インテリアはこんな感じ。
キャメル系?ブラウン系?を活かした本革シートが何とも紳士的な風格を醸し出し、インストルパネルは光沢を付けたウッド調。
センターコンソールのシフトノブデザインは、新型「8シリーズ」同様にラグジュアリー感がハンパないですね、これ。

なお、今回の新型「X5」は、デザイン性はもちろんのことですが、走りにおいても相当な力をいれており、ダイナミックダンパーコントロールを標準装備としながら、コンフォートやスポーツ、エコといった足回りが大きく変化する走行モードが細かく調整されています。

特にその足回りについては、Mサスペンション・プロフェッショナルと呼ばれるボディロールを効果的にコントロールするアダプティブ機能や、インテグラル・アクティブステアリング機能により後輪操舵システムを充実させるなど、これまでにないアグレッシブな走りを追究します。

気になるパワートレインについては、排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジン(最高出力340hp/最大トルク450Nm)のガソリンモデル「X5 xDrive 40i」と、排気量3.0L 直列6気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力265hp/最大トルク620Nm)のディーゼルモデル「X5 xDrive 30d」をラインナップします。

なお、「X5」は過去20年間に販売してきた台数はトータル220万台と驚異的で、今回の最新モデルの導入によりその販売台数を更に伸ばしていくことが期待されています。

【2019 BMW X5 40i xDrive 340hp – Exterior and Interior Walkaround – Debut at 2018 Paris Motor Show】

☆★☆「X5」関連記事4選はコチラ!☆★☆

BMWのPHVモデル「X5 xDrive45e iPerformance」がデビューへ。航続可能距離は現行モデルに比べて3倍に(2018/9/10投稿)
BMWが日本限定モデル「X5 Black(and White)Edition」を発売。ベースモデルは”xDrive35d M Sport”(2018/8/1投稿)
BMWの新型「X5(G05)」と思われる公式?画像がリーク。「X7」の要素も含まれ攻撃的なフロントフェイスに(2018/6/6投稿)
BMW「X5M/M6M」にバットマンをモチーフにしたブラック・ファイヤエディションが登場(2017/6/28投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう