メルセデスベンツAMG「One」の続編モデルは登場しない。ダイムラーCEO「AMG・Oneは”唯一のマシン”を意味するから、それ以降は作らんわ!」

メルセデスベンツAMG「One」の次なるモデルは誕生しない?

メルセデスベンツAMGのハイパフォーマンス・ロードリーガルモデル「Project One(プロジェクト・ワン)」の正式名称が「One」であることが判明していますが、最も気になるのは、このモデルが登場後に「Project Two/Project Three…」と続けて登場するのかどうか?というところ。

これについて、先日より開催中のパリモーターショー2018にて、ダイムラーCEOであるオラ・カレニウス氏によれば、「AMG・Oneの次なるモデルの開発計画なんて無い。この数字はナンバリングではなく、”その種の唯一のマシン”を意味する」と強く否定していたとのこと。

スポンサーリンク

っとは言いながらも、ナンバリングモデル作っちゃうかも?

ただ、AMG「One」を凌駕するような次なるモデルの開発は間違いなく進められると思われ、今現在はそういった計画は無いにしても、数年後には「やっぱりナンバリングモデルとして販売することにしました~」っということは十分に考えられそう。

AMG「One」は、F1技術とそのノウハウから得られた排気量1.6L V型6気筒ツインターボエンジン+電動モータを組合わせたPHV(プラグインハイブリッド)エンジンが搭載され、最高出力1,000hp/11,000rpmを発揮します。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.6秒にて到達し、最高時速は350km/L、車体重量1,400kgとなります。

この個体についてメルセデスベンツAMG CEOのTobias Moers氏は、「Oneはニュルブルクリンクにて最高の記録を生み出す」と強気な発言をしており、市販車最速記録となるランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の6分47.97秒はもちろんのこと、ポルシェ「919ハイブリッドEvo」の5分19.55秒にも迫る力を持っていることを示唆しています。

☆★☆「AMG・One」関連記事5選はコチラ!☆★☆

メルセデスベンツAMG「One」の詳細スペックが遂に明らかに。あの不動産王も契約の瞬間を公開【動画有】(2018/9/28投稿)
メルセデスベンツAMG「Project One」の正式名称は「AMG One」で決定。アメリカには55台割当てられる模様(2018/9/27投稿)
メルセデスベンツAMG「Project Oneはポルシェ・919よりも速くなるだろう」→最も心配なのはコレを操作できる技術があるかどうか(2018/9/25投稿)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」プロトタイプモデルのティーザー画像がいきなり公開。そのサウンドは紛れもなくF1サウンドらしい(2018/9/20投稿)
メルセデスベンツAMG「プロジェクト・ワン」最新情報。ロードスターモデル、限定25台~50台のレーシング仕様が登場との噂(2018/9/9投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう