ベントレー「ベンテイガ」のディーゼルモデルが欧州にて販売終了。今はガソリンのみ、今後は電化に重点を置く予定

「ベンテイガ」のディーゼルモデルが廃版へ

自動車ニュースサイト・Autocarの報告書より、以前より頻繁的に発生している欧州でのディーゼルゲート問題によって、ベントレーのラグジュアリーSUVモデル「ベンテイガ」のディーゼルモデルが欧州にて廃版になることが明らかとなりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

SUVモデルとしては最も速い一台だった「ベンテイガ」

「ベンテイガ」のディーゼルモデルは、2016年にベントレーとして初めて導入し、兄弟車種となるアウディ「SQ7」と同じ排気量4.0L V型8気筒トリプルチャージャーエンジン(ツインスクロールターボと48V電動スーパーチャージャー)を採用しています。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.8秒と驚異的な加速力を持ち、最高時速は270km/hにまで到達します。

ベントレーの考えによれば、最近数か月にわたって欧州での政治的立法の条件が変わり、ディーゼルモデルの姿勢が大きく変化しているとのこと。
新型のV8ツインターボガソリンエンジン(いわゆるW型12気筒からのダウンサイジングモデル)となる「ベンテイガ」の導入に加えて、今後は”電化に重点を置く”ための戦略的決定により、2018年9月から欧州市場ではガソリンモデルのみが提供されることが決定しています。

ただ、ディーゼルエンジンを搭載した「ベンテイガ」の廃版は、あくまでも欧州市場のみで、ロシアやオーストラリア、南アフリカ等の市場では引続き生産が継続されますが、なぜか兄弟車種のアウディ「SQ7」のディーゼルモデルは継続して販売されるというのはちょっと不思議なところではありますね。

☆★☆「ベンテイガ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

ベントレー「ベンテイガ」がパイクスピークにて記録更新。SUVとは思えぬ10分台にてフィニッシュ(2018/6/25投稿)
ロールスロイス「カリナン」とベントレー「ベンテイガ」を並べてみた。見た目はやはり「カリナン」が大柄、数字で見てみると…?(2018/5/18投稿)
Larteデザインがベントレー「ベンテイガ」専用ボディキットを公開。併せてロールスロイス「レイス」も(2018/4/30投稿)
これから普及する?ベントレー「ベンテイガ」に最先端セキュリティ・指紋認証システムを搭載(2018/3/24投稿)
ベントレー「ベンテイガ」にV8ツインターボモデルが登場。気筒休止システム搭載、世界最恐規模のブレーキ力を装備(2018/1/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう